★ ノッケブルー ★

2018年06月28日

青空が恋しい。5月の青空が夢のようです。そして寒い。大陸からの寒気と太平洋の高気圧とのせめぎ合いが続き、このところ海霧になることが多いのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

180610-114410004.JPG

***********************************

                    ◆  ノッケブルー  ◆

中標津に来て38年になりますが、私は海で一度も泳いだことがありません。海水が冷たくて、泳ぐ気力が湧いてこないのです。泳ぎを忘れた河童です。

だけど海は好き。毎週、根室海峡と野付湾の海面を見るだけで心が落ち着き、ストレスをぶっ飛ばせます。

180610-113918002.JPG

海はいろいろな顔色を見せてくれます。なかでも好きな色は快晴の日に太陽の日がまんべんなく照り付けるときに見せる青い海の色です。

私がノッケブルーと名付けた濃い青です。沖縄や三宅島で見た透き通った翡翠色の海色ではなく、吸い込まれそうな濃い藍色の青です。

180610-123424005.JPG

太陽の陽ざしが吸い込まれ、化学反応して出てきたような青。それはそれは重そうな青であります。

沖縄の海と違い日中でも浮遊するプランクトンが多く、海水の透明度がよくありません。根室海峡はプランクトンの宝庫で、オキアミなどがたくさん集まります。それを食べにイワシやイカナゴなどの小魚がやってきて食物連鎖が続きます。

180610-114334003.JPG

ミンククジラをはじめとする髭クジラの仲間やシャチやイルカが周年生息するほど海の豊饒さが証明されている海なのです。

ノッケブルーは多くの生物を培うプランクトンが生み出す色。豊かな海の象徴だと私は思っています。

180610-113909001.JPG

                     花めぐり : ヒメイズイ 

180610-070756001.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9522

コメント

ノツケブルーではなく、ノッケブルートは?

ノッケわかりました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)