★ 我が家の桜開花 ★

2018年05月14日

咲いた咲いた、我が家の桜が咲いた。オホーツク高気圧が南下して根室地方に張り出し、居続けたせいで関東の冬のような気温が続いていました。札幌や帯広は例年より早く咲いたのに、中標津は例年通りの開花になりました。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A2273.JPG

***********************************

                 ◆  我が家の桜開花  ◆

我が家の敷地には数えたら14本の桜があります。いただいてきて植えたエゾヤマザクラとチシマザクラです。すべて愛車マークⅡの荷台で運んだサクラたちです。

みな30歳以上になり大きくなりました。毎年生ごみ用のコンポスターで作ったたい肥を根元に埋め、大きくしたサクラたちです。

エゾヤマザクラとチシマザクラです。エゾヤマザクラは大きく成長し、高さが5、6メートルになった木があります。成長しすぎて枝切りをして失敗した木もありますが、それでも元気を回復して花をつけ出しています。

AU1A2246.JPG

花の色はピンク系が多いのですが、白い花びらの桜もあります。今年はいつもより花の数が多く、美しく、見栄えが良いようです。

山桜の赤みの濃い花を見てるとサクラというより梅の花を彷彿させる感じがして、梅の花とダブらせてみています。

AU1A2235.JPG

チシマザクラはどれも白い花。高山のハイマツみたいに横に張り出す低い木が多いです。上から眺めるにちょうどいい、目線の高さで楽しめます。

AU1A2192.JPG

タカネザクラの変種だそうですが、タカネとの違いは葉柄や花柄、萼筒に毛があること。高山植物並みの寒さ対策をしています。

AU1A2298.JPG

今年は咲くのに時間がかかり、薄っすらとした赤みのかかった蕾の時間が長くて、蕾桜を愉しむことができました。咲き始めまでの期間が少しあったほうが桜の花を楽しむことができます。

膨らんでくる蕾の色合い。ピンクから白くなってくる変化が面白くて、毎日サクラに声掛けしているんです。

今日はもう満開に近くなりました。キタコブシの白とレンギョウの黄色、桜のピンクと白の色が朝陽を浴びて、饗宴し合っています。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9374

コメント

30年以上育てた桜が14本もあるんですか
それが満開、自宅で花見できるとは豪勢ですね

日本は広い、桜の時期も土地それぞれですね
むかしゴールデンウィークに山形県の飛島に探鳥に行ったとき、桜が満開でした
大阪と1ヶ月違うのに、日本の広さを実感しました
そのとき、満開の桜の枝にメジロが鈴なりになって、これが『目白押し』ということかと感心したのを思い出します


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)