★ 春の海 ★

2018年04月02日

長ーい冬の海の気配が消えました。一週間前まで野付湾から流れ出た氷が浮かんでいました。引き潮に乗って湾内で割れた氷が流されていってたのです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A7028.JPG

***********************************

                    ◆  春の海  ◆

野付半島の先端に立ち、午後の三時からコクガンが湾内から飛び立ち、出ていくのを待っています。三月中旬から数が増えてきました。広い湾内で散らばって大好きなアマモを食べていたコクガンたちが、夕方飛び出して行くのです。

出ていく群れを撮って、コクガンの数をカウントするのです。太陽が沈む前に飛んでくるのか、沈んでからやってくるのか、日により違うので、待つしかないのです。

AU1A7176.JPG

待っている間、夕焼けを愉しみます。太陽が水平線に降りていく間に、空の色が少しずつ変わっていきます。ゆっくりだから微妙さが分かりづらくて、いつの間にか美しい一瞬を逃してしまいます。

夕日の色は波に反映します。風がきついと、うねる海水に光が反射し、茜色がうるうるします。その微妙な濃淡がいい色合いなんです。その一瞬を撮らえたくて連写してみました。

AU1A6963.JPG

うねる波がより鮮明に浮き上がってきます。光が漂い、荒々しさと優しさが混じり合います。冷えた光ではない温かさがあります。

遠くに摩周湖の外輪山がくっきりしています。沈んだ太陽の光を背に黒々と浮き上がっているのが好きです。右に摩周岳。左は西別岳。私が6月から10月まで定期的に登る、大好きな山です。

扁平に見えますが、起伏にとんだ地形が魅力的。その地形のせいで植物が変化に富んでいます。花のシーズンになると多くの植物愛好家がやってきます。

春の気配、いっぱいの海を見ながら心は夏山に飛んでいます。

AU1A7011.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9229

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)