★ オオハクチョウ 編隊 ★

2018年03月27日

青い空に白いオオハクチョウの編隊が映えます。日の出から30分過ぎ、オオハクチョウが2羽から30羽の群になりねぐらから餌場に飛んできます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A3183.JPG

***********************************

                  ◆  オオハクチョウ 編隊  ◆

オオハクチョウが本格的にやってきだしたのは3月10日を過ぎてから。夕刻に我が家の上空を13羽の群が鳴きながら飛んで来て、気づいたのが最初でした。

野付湾に集まってきている群れは確実に増えています。ただ、野付湾にいるオオハクチョウは多くありません。以前に比べ、湾内に来ず内陸で過ごすオオハクチョウが増えています。

毎朝、犬の散歩をしていると東から西に飛んでくる群れに会います。秋にねぐらにしていた小さな沼に行ってみましたが、まだ厚い氷が張っていました。

AU1A3498.JPG

牧草地の高台でやってくるオオハクチョウを見張ることにしました。6時過ぎ、群れがカラマツ林の上空を飛んできてました。ここは3年かけて見つけたオオハクチョウの飛行コースです。

春季のねぐらはまだ見つけていませんが、どこかで夜を過ごしたオオハクチョウたちが餌場に向かって飛んでくるのです。

次々にやってきます。見事なV字編隊を組み、林の上を飛んでいきます。遠く斜里岳や武佐岳を背景にオオハクチョウの群れが飛んでいく風景は、私が「絵」として納めたかった背景であります。

AU1A4815.JPG

白鳥と言われる真っ白の姿が雲一つない青き空に浮き立つように映えます。こんなに青が似合う鳥はほかにいるでしょうか。横から当たる日の光にボディーの白さが輝きます。

AU1A5382.JPG

透き通る白とは、汚れなきオオハクチョウのホワイト、そのものずばりです。自然界でこんな白さが存在するのかと言わしめる「白」です。

まさに早春の白さです。

AU1A3732.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9211

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)