★ 吹雪 ★

2018年02月10日

吹雪になると動かないでじっと待つ。これが自然界で生きる鉄則です。横なぶりの風が吹き、雪が体に張り付く。視界が悪く、獲物を見つけるのが大変です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A3358.JPG

************************************ 

                        ◆  吹雪  ◆ 

動くほどに体力を消耗し、お腹が減ります。ただ長引くと事情が違ってきます。治まるまで待っているとさらにお腹が減ります。

吹雪が続いていると、風が弱まるときが必ず出ます。その間隙を何とか食べ物さがしに出かけます。

今年のエサ台に来る小鳥のようすを見ながら吹雪を愉しんでいます。猛吹雪のときは全く来ませんが、長引くとエサ台の近くに来て、待っています。

風待ち時間と呼んでいます。溜まった雪の下からひまわりの種をくわえ、さっと風が当たらないところに行き、食べるのです。

他の生き物も大方、同じ対処をしています。それでも動き回る動物がいます。相当に腹が空いているのです、きっと。

キタキツネが探しに来るのは海岸線です。波がきついと、押し寄せる波に運ばれてくる食べ物があるのです。

AU1A3532.JPG

そこには嵐に強いオオセグロカモメやシロカモメが少数集まり、波にもまれ浮き上がってくるものを狙います。立っていても吹き飛ばされそうな風を利用して飛んでいます。

キタキツネは波打ち際にやってきて、カモメ飛ぶ浜に打ち上げられるものを探していきます。定期的に回ってくるようです。なければ、てくてくとねぐらのある森の中に消えていきます。

AU1A3390.JPG

長居は無用の助左衛門。そんな感じです。カモメだけがあらしに負けず頑張っています。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9031

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)