★ カワアイサの糞射 ★

2018年01月26日

生き物にとり糞をすることはとっても大切なことです。口に入れ、食べた物を消化して肛門から出す。日常の当たり前な生理行動が滞ると大変な苦しみになるなんて、元気なときには考えません。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A7999.JPG              カワアイサのオスが2羽、休んでいます。

************************************

                   ◆  カワアイサの糞射  ◆

年老いてきて、便状態がいつも気になりだしました。体の中の状態を知るうえで一番重要なのは大便と小便だと最近強く思います。

腸の消化吸収、動き、大腸菌の様子、肝臓機能、腎臓機能、膵臓機能、免疫機能などの情報が満載しているのが「便」です。小便は腎臓や膀胱、前立腺などの機能を知る大切な情報源です。

野外で見る鳥たちの便状態がいつも気になります。最近は鳥インフルエンザのこともあり、便の仕方まで注意を向けるようになりました。

特に大型の鳥は見やすいこともあり、よく見るようにしています。オオワシやオジロワシは止まっているとき、飛び立つ前に肛門を突き出し、尾を上げて勢いよく便を出します。

カモメやカラスは飛びながら便をよくします。雁の仲間のコクガンやヒシクイも飛んでる最中にも便を落としていきます。

AU1A8018.JPG

便は不意にします。空中でどんな姿勢でするのかカメラに撮りたくて、飛んでる鳥をいつも狙って撮っていました。ついに当たりました。カワアイサの糞射です。

水面を飛び出したカワアイサのオスとメスが目の前をかすめ飛んでいきました。連写したら、メスが糞をしたんです。一瞬です。

AU1A8019.JPG

後で見ると、する前に尾を広げ、上げています。肛門(鳥の場合、総排泄口といいます)を下げ、人の指の太さ、棒状の便が出てきて、ばらけていきます。初めに糞がでて、後から白い液の尿が出ています。

よく見るとカワアイサのメスは腰骨を下げ、尾骨を上げ、V字にして便を出しています。羽毛に付かないように、汚さない工夫をした姿勢です。

AU1A8020.JPG

なるほど、こうすれば便が体に付かず、汚れないで済むんです。自然に取る姿勢とはいえ見事なV字姿勢です。空中では多くの鳥がこんな姿勢でしてるんかな。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8977

コメント

何も飛びながらしなくても地上か水上で落ち着いてしたらいいのに。いきまんでも出るのかな。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)