★ 戌年 サモエド ★

2018年01月01日

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。小太郎でごじゃります。

戌年になりました。我が家にはサモエド犬がいます。「清白」(すずは)と言います。3歳になったばかり。まだまだやんちゃで、遊ぶこと大好きです。

AU1A8060.JPG

***********************************

                   ◆  戌年 サモエド  ◆

朝の散歩で真っ先にすることは「うんこ」を出すことです。するまでは落ち着かず、所定の場所まで向かいます。かわいらしい顔をしているのに力持ち。

しっかり引かせないように、落ち着かせながら歩きます。道が凍っているので転ばないように足元に気を付けないといけないのが、難儀です。

規則正しい散歩をしているせいで、家の中では決しておもらしはしません。以前はありましたが、今は我慢できます。

うんこが出てしまえば、優しいサモエド犬になります。そもそもサモエドは中央シベリアのツンドラ地帯でモンゴロイド系のサモエード族が飼育していた犬です。

AU1A8150.JPG

トナカイの警護、シカ狩り、ソリ引きに従事、優れた耐寒性と激しい作業に耐えうる強靭な体力・持久力を持っています。油断すると強引に持っていかれるので、手と足、腰、背筋を鍛えないといけません。

年を取ってから飼ってはいけないとつくづく反省しているこの頃です。でも性格がいいのです。知らない人でも全身喜びをあらわにして近寄って行く社交性があります。

犬が嫌いな人だったら腰を抜かすくらい怖いと思うかもしれません。先んじて行かせないようにするのが大変なんです。優しいですから大丈夫、という言葉は通じませんから。

AU1A8187.JPG

それが一番気を使うところです。3千年以上、サモエード族が過酷な環境の中で飼育してきました。マイナス30℃を越える過酷な厳寒期、室内で入れてもらい眠り、湯たんぽ代わりにもちいられていました。

長きにわたる生活で、人との信頼関係が育まれ、優しく、知的で穏やかな性格が作られてきたようです。飼っていて、私にも、他の人にも決して攻撃的な態度や表情を見せたことはありません。

ホント、優しいんです。黒い瞳がチャーミングで穏やかなんです。ついつい頬をすりすりしてしまうんだな。抱きしめてしまうんだな。

AU1A8211.JPG

サラサラ、ふわふわの上毛、柔らかで密生した絨毛が温かく気持ちいい心地にしてくれます。抱いて寝転がるとつい眠りが寄ってきます。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8884

コメント

すずはちゃんのお父様、転ばないように気を付けてくださいませ。すずはちゃん、道端の変なものを口にしないようにね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)