★ 霜花・フロストフラワー ★

2018年01月04日

初春に花をプレゼントします。とはいえマイナスの世界の根室地方です。凍る世界で咲く花はありません。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A9108.JPG

***********************************

               ◆  霜花・フロストフラワー  ◆

ダイヤモンドダスト、ダイヤモンドツリー、いま世界から注目を浴びるジュエリーアイスと地形と気候が作り出す結晶の花があります。

なかでも花らしく見えるフロストフラワーは可愛いくて美しい。結氷した水面に成長してくる霜の結晶です。

白い花が咲いているように見えることから「フロストフラワー(霜の花)」と言われます。雪の結晶ができるような過程で結晶が成長してきます。

AU1A9113.JPG

ひとつの花の大きさは1cmから3cmほど。鳥の小羽のような結晶が重なるように盛り上がっています。ちょっと触れるだけでぱさぱさと崩れる儚い花です。

夜中、気温がマイナス10℃以下になり、霜の結晶が出来上がってきます。さらに気温が下がってくると結晶が成長し膨らんできて、氷の花になってきます。

AU1A8984.JPG

氷の凍結がしっかりとしてる気温条件ほどきれいな花が見られます。たくさん咲きます。樹霜や草霜が広範囲にみられるときほど、川に張った氷の上にたくさんのフロストフラワーが咲いています。

AU1A9081.JPG

気に留めないと見過ごすことが多いですが、探し求め見つけると美しいフロストフラワーを見ることができます。

AU1A9118.JPG

ただ、太陽が上がって1時間もしないうちに昇華して消えてしまいます。

雪が降り、氷の上に積もってしまうとほとんど見ることができない瞬間的な旬の花です。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8864

コメント

恋人にプレゼントできないのが残念ですね。恋人と一緒に見るしかない。

お久しぶりです
氷点下で咲く花、きれいですね

関節痛と痛風を経験されたそうですが、すでに克服された由、幸甚です
僕もいくつかの病と共存しながら、それでも致命的なものが無いことを幸い、日々を意味あるものとすべく、楽しく生きております

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)