★ 強風、おかげでコクガン ★

2017年12月03日

天候が荒れるとがっかりします。早朝に行ってもなぁ。自然は美しくないし、寒いし、鳥たちは動きが悪いし、やる気が出ません。それでも出かけると時たま、いいことに出合います。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A0667.JPG

***********************************

                 ◆  強風、おかげでコクガン  ◆

根室海峡の海面が白く波立っているとき、野付湾内も外海よりは小さいけど波立ちます。南西の風が吹くと湾内の波は半島に向かって打ち寄せます。

すると風のうねりで抜けたアマモが岸に打ち寄せられてきます。まず、アマモ大好きなオオハクチョウが岸辺に集まってきます。さらにヒドリガモやオナガガモがやってきます。オオハクチョウがいると安心できるようです。

AU1A4116.JPG

そして、いつもなら湾内の中央部に集まり、なかなか岸辺に寄ってこないコクガンが姿を見せます。流れアマモを主食にしているコクガン。波が荒くて採食できないので岸辺に集まってきます。

AU1A4088.JPG

コクガンもオオハクチョウが採食するときに底から引き抜いてくるアマモのおこぼれをいただいています。岸に寄せられてきたアマモを食べるときもオオハクチョウがいるところのほうが安心するようです。

AU1A4469.JPG

彼らを時々襲うオジロワシがオオハクチョウを襲わないことをよく知っているのです。警戒心の強いコクガンは普段、こんなに近くまで寄ってくることはありません。

近くで見ることができる絶好のチャンスなのです。じっくり見ていると寄ってきているのは今年生まれの若鳥が多い。背中の羽模様に褐色の模様が出ているのはみな若い幼鳥です。

AU1A4056.JPG

背中の黒い成鳥は多くありません。彼らは波の大きい沖合でアマモをとれるのでしょう。

最近とみに警戒心が強くなっているコクガン。悪天候ゆえに近寄れる幸運なんだと自分に言い聞かせています。

AU1A0439.JPG

ホントはもっと美しく撮ってあげたいのに。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8777

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)