★ 次期ボス候補 ★

2017年11月15日

エゾジカは繁殖期に入りました。日の出と日暮れになるとキッウイーィという顎を前に付きのばすようにして絞り上げて出す声が響きます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A0144.JPG

************************************

                    ◆  次期ボス候補  ◆  

成人したオスのシカが張り上げる声です。朝に聞くと起床ラッパ、夕方はお休みラッパに聞こえます。元気のあるいい声です。

最近、オスジカの姿をよく見かけるようになりました。オスとメスは同性同士で群れを作り、夏季を過ごしてきました。

このところオスとメスの群れの距離が縮まってきています。メスの群れに接近して、遠巻きに様子をうかがう群れオスがいます。

その中に四尖三又の大きくがっちりした角を持ち、体が他者より肉付きがよく、畏怖堂々としているのが群れを率いるボスです。

AU1A0128.JPG

力のあるボスは若きオスを多数引き連れています。ボスに一見匹敵するような体つきをしているオスがいますが、並ぶと一回り違います。顔つきも若く、威厳が不足しています。

群れをじっくり観察していると少し離れた草むらにボスと体格、体形が似たオスがいます。草むらから頭だけを揚げ、群れの動きをうかがっています。

おどおどした雰囲気があります。あくまで想像ですが、角合わせの喧嘩できっと負けたんです。でもまだあきらめきれない。チャンスがあれば何とかしたい、と思っているのかな。

AU1A9837.JPG

草むらに座っていると長い角だけが出ています。群れについていくときに見つけることがあります。普段はほとんど見過ごしてしまっています。気配を消すので近づいても相手が怖がって逃げなければ、わからないことがほとんどです。

回り込んで近寄ると落ち着いています。逃げません。なんだお前、そんな様子です。角の先は磨きこまれ、尖っています。片方の四尖のうちの一つが折れています。

AU1A0081.JPG

激しく戦った証です。落ち着いています。まだ余裕があり、チャンスがあればメスに向かう気が漂っている顔です。

立ち上がり、大きな角でお尻を掻いています。私が前にいるのに、貫禄、自信です。鋭い角先が毛の中をかき分け、痒いところに届いています。

AU1A0153.JPG

凶器になるかもしてない角先が自分掻きに役立っています。心を許していてくれるようで嬉しいです。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8725

コメント

まさに威風堂々。こんなのに近寄られたらビビりますね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)