★ 嵐の去った夕暮れ ★

2017年11月12日

爆弾低気圧。すっかり北海道で定着した気象用語になりました。10月から11月に10年前ぐらいから目立ちだした現象です。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A7096.JPG

************************************

                  ◆  嵐の去った夕暮れ  ◆

日本海上で急速に発達した爆弾低気圧は根室地方では強風を昨日から吹き荒らしました。車は横風をまともに受け、ハンドルを取られふらつきの運転を余儀なくされたと来られたクライアントさんが皆、おっしゃっていました。

今朝も依然強風が吹き荒れていました。電線にあたる風がキュゥーンといううねり音を発していました。

野付半島の海は大荒れでした。白羽の波が海岸に押し寄せ、運ばれてくる海の贈り物を求めたくさんのカモメが集まっていました。

AU1A7134.JPG

沖合の海が大荒れで、ほとんどのカモメが退避して海岸に来ているのです。

早朝、気温はプラスの3度でした。ところが太陽が上がってきたら風が北西に変わり、気温がマイナスになってきました。寒気がなだれ込んできたようです。

AU1A7584.JPG

今日は寒い寒い一日でした。風のおかげで体の芯まで冷える寒さでした。

夕暮れ、雲が切れ西の空が赤く焼けていました。被害が少なくてよかった。

AU1A7629.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8712

コメント

荒れ狂う海の光景美しいです。被害がないことを祈るのみ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)