★ ユリカモメ ★

2017年11月10日

カモメの季節に入りました。夏季はウミネコとオオセグロカモメを見かけるだけでした。いずれも根室地方周辺で繁殖するカモメたちです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A9745.JPG

************************************

                     ◆  ユリカモメ  ◆ 

海がしけて海上で餌取りができないとき、野付半島の砂浜の海岸線に集まり休息しているのはほとんどウミネコでした。

8月に入り、ススキの花が咲きだすころからカムチャッカ半島の繁殖地に行っていたユリカモメが姿を見せだします。

AU1A9679.JPG

4月に黒い頭巾をかぶったような頭は白に変わってきています。ウミネコの幼鳥たちに交じって浜で休んでいるユリカモメを見出します。

初めはポツリポツリと見かけるくらいでしたが秋の深まりとともに数が増えてきました。河口に集まり、水面近くを泳ぎ回る小魚を狙い、垂直に急降下して捕っています。

赤いくちばしと赤いあしが白い羽色に映え、とっても清潔感に溢れます。しかも愛くるしい。同じ場所で休んでいるオオセグロカモメと並ぶと一段とかわいいのです。

AU1A0002.JPG

ふわふわ飛びながら魚を探す様子はアジサシに似ています。しかも水面に飛び込み、くちばしに小魚をつまんで飛び上がってくる姿はアジサシです。

俊敏性はアジサシに劣りますが、他のカモメに比べればはるかに身軽です。

AU1A0013.JPG

これから寒くなると本州の方へ渡って行きます。根室地方で見かけるのもあとわずかです。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8705

コメント

近くの川にはオナガガモやヒドリガモがやってきていますが
ユリカモメはまだ。みかけよりもずっと強欲で、カモたちはいつもおたおたしています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)