★ タンチョウの朝叫び ★

2017年11月04日

霜が降りた快晴の朝。薄っすらと林の輪郭が浮かび、木々の濃淡が浮き出る頃、葦の原の中から「クルルルルルッ」とよく響く力強い声がこだましてきます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A1415.JPG

***********************************

                 ◆  タンチョウの朝叫び  ◆

しじまを裂くような気合の入る声です。タンチョウの声です。夫婦のお目覚めのおはようコールです。この声を聞くだけで早起きして来てよかったと思える特上の時間です。

タンチョウの朝も、他も鳥たち同様早い。しかも体が大きいからよけいに目立ちます。鳴き合いが終わると活動を開始します。

AU1A9317.JPG

太陽が地平線から顔を出す前後、ねぐらにしていたところから飛び立ちます。その大きな白い体が葦原の上をかすめるように飛んできます。

AU1A1423.JPG

日により降り立つ場所は違います。初めはどうやって場所を選ぶかわかりませんでしたが、朝の潮の満ち引きで干潟に降りるときと葦原の中に降りることが大方わかってきました。

AU1A0942.JPG

今朝はどこに降りるのかなと予想できる力が自分にできてきたかな。と最近、ちょっと喜びになってきています。

単純だなと自分に笑っています。

AU1A1010.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8690

コメント

静止画像ですが動画を見ているように雰囲気が伝わってきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)