★ 大移動 ★

2017年04月15日

エゾジカの移動が活発です。牧草地帯から移動し、野付半島で冬を過ごしていたエゾジカが雪がなくなった牧草地へ帰って行っています。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A0220.JPG***********************************

                     ◆  大移動  ◆

毎年見かける野付半島のエゾジカは春先でも丸々している個体が目立っていました。ところが今季は毛につやがなく、ごわごわした毛をしているシカが目立ちます。背骨も周りの脂肪と筋肉がなく、腰回り、太ももの筋肉が削げています。

積雪が少なく、枯れ草が掘り出しやすいように見えましたが、意外や枯れ草が食べれなかったのです。

近しい猟師が話してくれました。11月からの強力な寒気で、凍れが地面深く浸透し、その上気温がゆるんだ時に融けかかった雪が硬くなりました。そのせいか、雪の掘り起しが簡単にいかなくなったのです。

AU1A0356.JPG思うように枯れ草が掘り出せず、苦労したらしい。森に入ると今まで口にしなかった木の樹皮を剥いで食べた痕がいたるところで見ることができるとか。

そう言われれば、野付半島のハマナスの木が上の方だけではなく地面に近い部位まで食べられているのが目立ちました。

AU1A0023.JPG野付半島の草原でも似たことが起こっていたのです。楽そうに見えた枯れ草の掘り起こしに相当苦労していたのです。痩せたシカが多く見られたのは、枯れ草が食べれなかったからです。

AU1A0268.JPGこのところの陽気で氷や雪が融けていきます。昼間隠れていたナラワラの林からメスだけのグループが出てきます。厳寒期はばらけて出てきて餌場に出かけていましたが、このところ移動するときは縦列になっています。

AU1A0473.JPG暗くなったときに、野付半島から出ていく群れに出会うことが多くなりました。

牧草地を見回ると、群れがそこかしこに出てきて、出始めた新芽を食べている光景に出合います。やっと飢えから解放されました。群れにまったりした雰囲気が漂います。

AU1A4317.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7843

コメント

シカさんたちも大変だけど、牧草地の新芽を食べられる牧場主さんも大変ですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)