★ オオハクチョウ・北上 ★

2017年03月16日

オオハクチョウが野付湾に集まってきました。3月に入り湾内の氷が少しずつ流れだし、海面が広くなって浅瀬でアマモが採れやすくなったせいです。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A5159.JPG************************************

                 ◆  オオハクチョウ・北上  ★

根室原野は気温が低く、雪解けが進まないせいで、牧草地の中にオオハクチョウが集まる池のような水たまりができていません。もちろん地面も顔をのぞかせないので、オオハクチョウの姿情報が集まりません。

しかし、オオハクチョウが越冬している宮城県の伊豆沼では2月19日までにほとんどが姿を消し、北上が始まっています。

衛星追跡により伊豆沼のオオハクチョウは北上川沿いに北上し、途中から方向を北東に変え、道東へ渡ることが分かっています。

AU1A5032.JPG今年のような年は牧草地に下りずに、氷が溶けだした野付湾や厚岸湾に集まってくる傾向にあります。すでにその一部がやってき始めたようです。

オオハクチョウは潮が動いているとき、水が流れる浅瀬に集まりアマモを拾って食べています。止まると氷の縁にやってきて氷の上で休みます。

AU1A5187.JPG渡ってきたオオハクチョウは越冬地の土色に白い羽が染まっています。首筋から胸にかけ茶色に染まっているのは目立ちます。

子連れの家族も増えてきました。家族は団結力が強く、いつも一緒に行動しています。晴れて穏やかな日はのんびりと休む光景が見られます。

AU1A4899.JPG渡ってくる群れが知床連山を背景に飛んでいく姿も春らしき勢いがあります。これからもっと数が増え、遠くまで響くトランペットコールが氷上から聴こえてきます。

AU1A5202.JPG白と青の世界でくつろぐオオハクチョウの姿は平和な世界を思わせ、いいものです。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7723

コメント

最後の写真がいいなあ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)