★ オジロワシ・氷下待ち網漁 ★

2017年02月16日

氷下待ち網を素早く引き上げていきます。箱網に溜まった魚がどっしり入ってます。重い網を夫婦二人で引き上げます。

おばんです。小太郎でごじゃります。

AU1A0349.JPG************************************

                ◆  オジロワシ・氷下待ち網漁  ◆

水から引き上げる前に水面の方でぱちゃぱちゃしているコマイやチカ、ワカサギ、ニシンを網ですくい、カゴに入れます。それから網を氷の上に引き上げます。

網の下に張り付くカワカレイやギンポ、カジカが投げ出されます。残っていたチカやコマイなどを拾い、再び網を水の中に戻します。

手早く済ますと次の網へ移動です。漁師が遠ざかると周りの森で待っていたワシたちが、トビたちが、ハシブトガラスやワタリガラスが集まってきます。瞬く間に鳥だかりができてしまいます。

AU1A0727.JPG50メートルほど離れたとこれで観察してみようとしたら、オオワシとオジロワシが警戒して遠ざかってしまいました。残ったのはカラスとトビ。

「お前ら、俺のおかげで魚にありつけるのだぞ。感謝しろ」と独り言をつぶやく。時間をおけばワシも寄ってくるかな、と思ったのが甘かったです。

みんな他の網揚げ場に移動してしまいました。それでも粘っているとオジロワシが警戒しながらやってくるようになりました。

AU1A0962.JPG生きた魚はワシたちには魅力的です。降り立って持っていけないなら海の中の魚を掴み取る感じで空中で狙い澄まして急降下して捕っていきます。

AU1A0964.JPGAU1A1296.JPGオジロワシが急降下して魚を捕る。そんなシーンは海上に出なければ撮ることは難しいのですが、氷の上なら狙えます。

彼らの生態の一コマを切り取るには好条件の場所です。

AU1A1622.JPG

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7610

コメント

こんな場面を見たいものです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)