【当別町】北欧の風 道の駅「とうべつ」ゆっくりと楽しむ

2019年02月13日

こんにちは、noboru & ikuko です。
2月に入り、最高気温が氷点下の真冬日が続いています。

今回は「北欧の風 道の駅とうべつ(当別町)」のご紹介です。石狩郡当別町、国道337号線沿いに位置する「北欧の風 道の駅とうべつ」。札幌都心部からほど近い道の駅。

2017年9月にオープン。スウェーデン王国レクサンド市を姉妹都市とする北欧風の三角屋根と外壁のスウェーデンレッド(弁柄色)が印象的です。


北欧の風 道の駅 とうべつ
北欧の風 道の駅 とうべつ


木のぬくもりが漂う駅構内は、吹き抜けの高い天井の窓から光が差し、センターには白いテーブルとイスが設置され、ゆっくりとテクアウトのフードやドリンクが味わえます。


館内の様子
館内の様子


両側には、いくつもの魅力的なお店が並びます。トラットリア・ピッツェリア テルツィーナの堀川秀樹シェフがプロデュースするレストラン「カフェテルツィーナ」、ピアディーナ専門店「レストランアリ」、高陣 CUP STORE、スマイルキッチン(当別町産こだわり、ブランド豚(とうべつ浅野農場のSPFポーク)を使ったメニュー)等、魅力的なお料理が並びます。


ピアディーナ専門店「レストランアリ」
ピアディーナ専門店「レストランアリ」


スイーツも充実! 一久大福堂では、当別町産のお米を使用した「大地の侍団子」、「カップ団子(みたらし・つぶあん・ごまあん・ずんだあん)、冬期限定の「温かいぜんざい」なども提供されていました。


一久大福堂
一久大福堂


道の駅スタンプラリーの絵柄は、当別町イメージキャラクター「とべのすけ」と道の駅とうべつの建物。「とべのすけ」は、当別町の基礎を築いた伊達家の武士のイメージと、その紋章にあるスズメをモチーフにしたキャラクターとのことです。


当別町イメージキャラクター「とべのすけ」
当別町イメージキャラクター「とべのすけ」


美味しいものがたくさん並んで、あたっかくゆっくりと楽しめる道の駅です。


道の駅とうべつ案内板
道の駅とうべつ案内板


◆ エンジョイ!北海道・関連記事

カテゴリー:北海道・道の駅巡り


◇ noboru & ikuko

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10348

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)