【東京銀座】都市農村交流イベント「ファーム・エイド銀座 2018 夏」に北竜町出展

2018年07月17日

こんにちは、noboru & ikukoです。
降り続いた雨から開放されたように、太陽が顔を覗かせ、きらめいています。

先日7月1日(日)、東京都銀座3丁目の紙パルプ会館にて都市農村交流イベント「ファーム・エイド銀座2018夏」が開催されました。北竜町からは、佐野豊 町長をはじめ、役場企画振興課の職員、JAきたそらち役員、北竜支所の職員が参加し、ひまわりライス(ゆめぴりか)、燦燦ひまわり油の販売促進に励みました。

「ファーム・エイド銀座」は、NPO法人銀座ミツバチプロジェクトが主催するイベントで、2008年からスタート。夏と冬の年2回開催され、今年11年目を迎えます。

「森、里、街そして海をつなぐ」を基本テーマとし、「人と自然の共生」の中で生み出される美味しいものや人々(生産者・加工業者)の熱い想いを、都会の真ん中である銀座から応援するイベントです。


プチマルシェ@紙パルプ会館前(東京都中央区銀座3丁目)
プチマルシェ@紙パルプ会館前(東京都中央区銀座3丁目)


その日銀座では、最高気温32℃(最低気温25.4℃)の酷暑の中、各地からの出店者の皆さん、ボランティアの大学生の皆さん(千葉商科大学、立正大学、法政大学)の100名以上の方々のご協力を得て、盛大に実施されました。

1Fの屋外テントでは、全国各地から15団体程が参加し、「Ginzaプチマルシェ(地域の産直販売)」が開催。北海道からは北竜町が参加し「北竜町ひまわりライス」「燦々ひまわり油」を販売しました。


北竜町ブースの皆さん
北竜町ブースの皆さん

燦燦ひまわり油
燦燦ひまわり油


ビルの屋上では、ミツバチの巣箱が設置され、ミツバチ採集が行われています(2006年屋上で養蜂スタート)。さらに「銀座ビーガーデン(Bee Garden)」と称する屋上農園では、芋の栽培から焼酎を作る事業などが進められています。


NPO法人銀座ミツバチプロジェクト・田中淳夫 理事長
NPO法人銀座ミツバチプロジェクト・田中淳夫 理事長


屋上にて「ミツバチ見学会」が行われ、田中淳夫 理事長から銀座ミツバチプロジェクトの活動、ミツバチの生態などについてのご説明・質疑応答をしてくださいました。


紙パルプ会館ビルの屋上にある養蜂場
紙パルプ会館ビルの屋上にある養蜂場


フェニックスプラザの1階にある「カフェ銀座みもざ館」では「ハチミツがけフレンチトースト」「はちみつ入り特製はちみつプリン」「はちみつトッピングのコーヒーゼリー」等が提供されています。


銀座ミツバチプロジェクトの蜂蜜 & はちみつトッピングのコーヒーゼリー
銀座ミツバチプロジェクトの蜂蜜 & はちみつトッピングのコーヒーゼリー


銀座で生まれ育つ貴重なロイヤルハニーが紡ぐ人々の尊い輪、そして素敵なご縁、新たなる活力の源となり、日本各地、そして世界へと羽ばたいていく偉大なるパワー。

素晴らしい銀座はちみつプロジェクトに、限りない尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


太陽を浴びて
太陽を浴びて


◆ 関連記事

プチマルシェ@ファームエイド銀座 2018 夏・北竜町ひまわりライス&燦燦ひまわり油の販促(2018年7月11日)


◇ noboru & ikuko

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9575

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)