【北竜町】ひまわりメロン初出荷・初競り@旭一旭川地方卸売市場

2018年06月21日

こんにちは、noboru & ikukoです。
時折、雨がしとしとと降り、梅が黄ばんで来る季節です。

先日6月17日(日)、18日(月)と、ひまわりメロンの初出荷・初競りが行われました。

渡邊ファームのメロンハウスでは、、メロンの葉が色濃く成長し、ネットの木目の細かく、張りも上々で形も大きく見事なメロンが立派に成長しました。


渡邊靖範さんメロンハウス
渡邊靖範さんメロンハウス


慎重に、Tの字にルツをカットし、検査・箱詰めする納屋へと運びます。


丁寧に収穫
丁寧に収穫


納屋では、1個ずつ重さを図り、箱詰めです。1箱(8kg)は、メロンひとつの重さによって、4玉(2kg✕4玉)、5玉(1.6kg✕6玉)を箱詰めします。


納屋で箱詰め
納屋で箱詰め


初出荷

JAきたそらち北竜支所の農産物集出荷施設へと向かい、初出荷です。 今年は、渡邊靖範さんと伊藤直人さんの2農家が、各5箱ずつ10箱を持ち込みました。


農産物集出荷施設に初出荷
農産物集出荷施設に初出荷


糖度は16.4度で上々の甘さ。ネットの張り・形・縦横比なども最上級「秀」等級です!!!

「今年は、積雪が多く、春先の天候が不安定でしたが、5月に入ってから天候に恵まれ、気温が上がったので、ぐんと成長しました。その後の寒暖の差が大きく変化したので、糖度も上がり美味しくできあがりました」と渡邊さん。

素晴らしい初出荷!おめでとうございます!!!


初出荷おめでとうございます
初出荷おめでとうございます


初競り

翌日の6月18日(月)朝6時半、株式会社キョクイチの青果セリ場にて初競りが行なわれました。

活気づいた青果セリ場では、持ち込まれた「ひまわりメロン」が、皆さんが見守る中、手際よく切り分けられていきます。精魂込めて育てたメロンの出来栄えが評価される最大の瞬間です!

甘~い香りが広がり、「うまい!甘い!」食味に集まってきた人々の言葉が響きます!


仲卸業者さんの試食用にメロンをカット
仲卸業者さんの試食用にメロンをカット


競り人の威勢の良い掛け声で、初競りがスタート。
あっという間の競り落とし! ご祝儀価格1箱10万円! おめでとうございます!


秀5玉(8kg)
秀5玉(8kg)


北海道の夏を飾る、果物の王様メロン、
全国各地に旅立つ、北竜ひまわりメロンの輝かしくも頼もしい旅の門出に、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。


◆ 関連記事

北竜メロン生産組合【No.11】初競り@旭一旭川地方卸売市場(旭川市)(2018年6月19日)
北竜メロン生産組合【No.10】初出荷(渡邊靖範さん・伊藤直人さん)(2018年6月19日)


◇ noboru & ikuko

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9492

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)