【道南】追分ソーランライン奇岩風景

2018年03月06日

こんにちは、noboru & ikukoです。

先月2月初旬、江差の「なべまつり」を目指して、江差方面へドライブに出かけました。 低気圧や寒気の影響で、思いの外、雪が多く、日本海側は荒れていました。

日本海側函館市から小樽市までの国道228号、国道229号、国道5号を走る「追分ソーランライン」の海岸線には、奇岩が点在します。日本海の荒々しい波で削られた 奇岩ルートです。

親子熊岩、ローソク岩、三本杉岩、窓岩、ゴジラ?!海岸線に次々に登場してくるユニークな形の岩たち。同じ岩でも、見る角度によって全く違う姿を表す岩・岩・岩。。。

厳冬に唸り荒れる厳寒の海に鎮座する、不思議な岩たち。それぞれの岩たちのストーリーが想像できるような、楽しい海岸線ドライブでした。


親子熊岩?!
親子熊岩?!

思案するお猿さん?!
思案するお猿さん?!

魚の頭?!
魚の頭?!

荒れる日本海
荒れる日本海


◆ エンジョイ!北海道・関連記事

追分ソーランラインの奇岩風景(江差町・乙部町)は日本海の荒々しい波で削られた奇岩ルート(2018年3月5日)


◇ noboru & ikuko

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9110

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)