【北竜町】海道警察旭川方面本部・北竜町 合同災害警備訓練

2017年11月13日

こんにちは、noboru & ikukoです。
立冬を迎え、地面が凍てついて、本格的な冬の訪れを感じるこの頃です。

先日10月30日(月)9時30分より、北海道警察旭川方面本部・北竜町合同災害警備訓練(大雨洪水・土砂災害避難訓練及び災害整備訓練)が実施されました。 

訓練が実施された日は、台風22号の影響により、強い風と雨に見舞われ、途中、雪混じりの寒い一日となりました。住民・関係者合わせて、総勢200名にも及ぶ参加者の訓練となりました。


避難受付
避難受付


訓練想定としては、「北竜町において、50年に一度の大雨が降り、山間部での降水が一気に流れ込んだことで河川が氾濫、町内が広範囲に浸水する被害が発生した」との想定訓練。


北竜町災害対策本部・来賓席
北竜町災害対策本部・来賓席


訓練は、2部構成で実施。

1部:広域住民避難訓練

避難指示が発令され、住民は、地域によって、北竜町農村環境改善センター、西川コミュニティーセンターに避難。西川地区で避難困難者救助・救出訓練などを実施し、その避難訓練状況の映像は、災害対策本部に配信。さらに、西川地区の河川が避難判断水位に達したという想定で、避難住民は、自治体が用意したマイクロバスにて改善センターへ。

広域避難者受け入れにより、避難訓練完了、避難指示解除、対策本部解散となる。


避難所「西川コミュニティーセンター」の様子を災害対策本部でライブ中継
避難所「西川コミュニティーセンター」の様子を災害対策本部でライブ中継

避難所「北竜町農村環境改善センター」にて
避難所「北竜町農村環境改善センター」にて


2部:消防・警察による実働訓練

・住宅の浸水を想定し、警察本部機動隊による、建物2階からの救助・搬送を実施
・土砂崩れによる車両の閉じ込めを想定し、災害救助犬による捜索活動、さらに特殊機材を使用した車両からの救命・搬送を実施


警察本部機動隊による救助
警察本部機動隊による救助

災害救助犬の出動
災害救助犬の出動

特殊機材でドアを開ける
特殊機材でドアを開ける


最後に、「いつ起きるかわからない災害に備え、安心安全な暮らしを守るためには、今日のような避難訓練に参加することは大切であると住民の皆様にご理解いただけたと思います」と合同訓練における講評を佐野町長よりいただきました。


北竜町・佐野豊 町長
北竜町・佐野豊 町長


大雨・強風の中での合同災害避難訓練では、警察・消防の救助隊の方々の真剣な命がけの救助活動の凄さを実感すると同時に災害時に発生する救助活動の大変さ・重要さを認識することができました。

貴重な体験に参加できたことに、心から感謝いたします。ありがとうございました。


北竜町を守る北竜消防団
北竜町を守る北竜消防団


◆ 北竜町ポータル・特集記事

北海道警察旭川方面本部・北竜町合同災害警備訓練(大雨洪水・土砂災害避難訓練及び災害警備訓練)の実施(2017年10月31日)


◇ noboru & ikuko

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8675

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)