【北竜町】大豆収穫(農事組合法人みずほファーマーズ)

2017年10月16日

こんにちは、Shunです。
稲刈りも終え、大豆収穫作業風景が町のあちこちで広がっています。

10月14日(土)、農事組合法人みずほファーマーズで、大豆収穫作業がはじまりました。8条刈りのコンバインが、豪快にかつ慎重に大豆畑を進みます。

「大豆収穫時は実や茎の水分量が大切です。水分量が高いと大豆に汚粒や損傷粒が発生しやすくなるので、収穫適期判断は慎重に行っています。その日の気象条件は、当日の時間帯によって変化するので、水分状態を十分確認しながら作業を進めています」と、高田秋光 理事。
収穫した大豆は、コンテナに積まれ、深川穀類乾燥調製貯蔵施設「深川マイナリー」に運ばれます。


紅葉をバックに大豆の収穫(撮影:2017年10月14日)
紅葉をバックに大豆の収穫(撮影:2017年10月14日)

豪快かつ慎重に
豪快かつ慎重に

フレコンに積み込まれる大豆
フレコンに積み込まれる大豆

枯れて収穫を待つ大豆
枯れて収穫を待つ大豆



◆ 北竜町ポータル特集記事

農事組合法人みずほファーマーズ【No.21】大豆の収穫スタート(2017年10月16日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8626

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)