【北竜町】清雲寺開寺110年記念・清雲寺第5世住職襲職式

2017年09月08日

こんにちは、Shunです。
田んぼは黄金に輝き、稔りの秋を迎えています。

先日9月1日(金)、真宗大谷派 恵沢山 清雲寺本堂にて、清雲寺開寺110周年を記念して、宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要・清雲寺第5世住職襲職式、並びに記念式典が厳かに行なわれました。


大規模修繕され綺麗になった清雲寺(北竜町岩村)
大規模修繕され綺麗になった清雲寺(北竜町岩村)


宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要

御遠忌法要には、真宗大谷派の地元11組の14ケ寺のご住職に参勤いただき、清雲寺ご門徒の皆様、岩村町内会の皆様等、約100人ほどの関係者の方々にご参列いただきました。


100名程の方々がご参列
100名程の方々がご参列


開始を知らせる梵鐘の音が響き渡ります。優美な笛の音が醸し出される中、ご住職の方々が次々に入席され、伽陀、仏説阿弥陀経、起立散華、念仏讃、和讃、回向などが粛々と続きます。

第4世住職・典章様は、豪華絢爛な七条袈裟を身にまとい、厳粛にお勤めを営まれました。


第四世住職・典章様
第四世住職・典章様

豪華絢爛な七条袈裟
豪華絢爛な七条袈裟


清雲寺第5世住職襲職式

前住職から新住職へ継職される儀式です。第五世住職・智章様が敬白文を読誦され、願生偈、念仏讃、和讃、回向を厳格に唱え、しっかりと継承されました。


ご参勤されたご住職様の皆さん
ご参勤されたご住職様の皆さん

第五世住職・智章様
第五世住職・智章様


法話

布教使・相河朋昭 師(向陽寺・芦別市)から信心についての法話がありました。


布教使・相河朋昭師(向陽寺・芦別市)
布教使・相河朋昭師(向陽寺・芦別市)


清雲寺第五世住職職襲記念式典

辞令伝達:北海道教区第11組・水上尚澄 組長

水上尚澄様より、第四世住職 垣原典章様、第五世住職 垣原智章様へ辞令が授与されました。

特別委員会 委員長 北清 方巳様より式辞、総務・事業部長 山本雅規様より事業報告、そして、第四世住職 垣原典章様のご挨拶が述べられました。

さらに、宗務総長 但馬弘様、北海道教区第11組組長 水上尚澄様、北竜町長 佐野豊様の祝辞が続きます。最後に、第五世住職 垣原智章様より謝辞が述べられ、皆で心合わせ「恩徳讃」を唱和し、終了となりました。


第四世住職・垣原典章様
第四世住職・垣原典章様

真宗大谷派宗議会・金倉泰賢 議員
真宗大谷派宗議会・金倉泰賢 議員

北海道教区第11組・水上尚澄 組長
北海道教区第11組・水上尚澄 組長

北竜町・佐野豊 町長
北竜町・佐野豊 町長

第五世住職・垣原智章 様
第五世住職・垣原智章 様


荘厳なる御遠忌法要の中で、継承されていくご住職の営み、
報恩謝徳の心懐き、心合わせて、真の信心を広げ、伝えていく仏の世界に、
大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。


記念撮影
記念撮影


◆ 北竜町ポータル・特集記事

清雲寺開寺110年記念「宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要、清雲寺第五世住職襲職式」(2017年9月4日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8498

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)