【深川市】浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」に北竜町の元気お母さん出演

2017年08月24日

こんにちは、Shunです。
季節は、夏の終わりを告げる「処暑」。厳しい残暑も次第に和らいで、秋を感じる風がそよぐ頃。。。

先日8月6日(日)、深川市「み・らい夏まつり」が10周年を迎え、深川市文化交流ホールみ・らいのエントランスで様々なイベントが行なわれました。

和太鼓演奏「イルム太鼓」、ジャネレーションギャップ演奏、み・らいダンスワークショップ発表、九州大道芸劇団 猿回しバナナの叩き売り、浪漫劇団公演「大忠珍蔵」などなど、ユニークで個性的な催しが続々と登場。

中でも、浪漫劇団が演じる人情芝居「大忠珍蔵」(パロディ忠珍蔵)は、大石内蔵助率いる赤穂浪士47人の武士が討ち入る敵討ちを、現代風にアレンジして「パロディ忠珍蔵」と題して、面白・おかしく演じる人情芝居です。

「多門伝七郎・戸田の局」役に、北竜町在住・金山さわさん(70歳)が粋に演じ、「大石くららのすけ」の役には、北空知新聞・嶋厚志 記者が迫力のある演技を、そして、「たゆう」を演じた本多孝子さんは、90歳を超えた今でも現役で、味のある演技を披露されていらっしゃいました。

人情味溢れた、愉快な公演、楽しいひとときをありがとうございました。


浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
紙製さくら吹雪  右:金山さわさん(北竜町在住)

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
熟考中  右:北空知新聞・嶋厚志 記者

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
中央:本多孝子さん(94歳)

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
宴会模様

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
いたわり

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
連判状を見て驚く二人

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
子どもの役者さんも大活躍

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
仇をうった勝鬨!

浪漫劇団「パロディ忠珍蔵」
皆さん舞台に登場


写真(115枚)はこちら >>


◆ 関連記事

演劇「座頭イチ・2・3」第9回み・ら・い夏まつりに北竜町の金山サワさん出演(深川市)(2016年8月11日)
深川市】ふかがわ市民劇団結成20周年記念公演「さよなら山鶴またきて翅鶴」(2015年3月9日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8434

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)