【北竜町】川本富子さん和紙人形「安寿と厨子王」

2017年05月15日

こんにちは、Shunです。
そろそろ田植えがスタートする季節。。。

5月の川本富美子さんの和紙人形は「「安寿と厨子王」。
「安寿と厨子王」は、森鴎外の原作「山椒太夫」からなる物語で、映画や日本童話になっている、幼い姉弟の悲しくも強い愛情で結ばれた感動の絆を描いた物語です。

色鮮やかな着物に菅笠をかぶり、金剛杖をつき、足袋に草鞋を履いた安寿。 陣羽織に袴を身につけた出立の厨子王。

幼い弟の肩にそっと手を添え、守るように寄り添いながら旅をする姿が、悲しい運命を物語るかのように、じんわりと伝わってきます。


安寿と厨子王
安寿と厨子王

後ろ姿
後ろ姿

厨子王を見守る庵主
厨子王を見守る庵主


過酷な運命の中で貫き通していく姉弟、母子の尊い愛情が深く感じられるような和紙人形です。
素晴らしい作品をありがとうございました。


寄り添いながら
寄り添いながら


写真(11枚)はこちら >>


◆ 北竜町ポータル & 関連記事

<北竜町ポータル> 川本富美子さんの和紙人形(2015年11月スタート)

<カテゴリー> 川本富美子さんの和紙人形


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8000

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)