枝幸町【No.005】北海道巡り

2017年05月29日

こんにちは、Shunです。
今回の訪問は「枝幸町」。トータル・フードコーディネーターの高井瑞枝 先生のご紹介で、素敵なご縁をいただきました。

北竜町から枝幸町まで211km、およそ3時間のドライブです。
途中、旭川市で昼食を取ったり、お土産を買ったり、ちょこちょこ道草しながら目的地である枝幸町に入ったのは、16時過ぎでした。

夕刻、宿泊先である枝幸温泉ホテルニュー幸林「食事処 海朱」にて、高井瑞枝 先生の小学校時代の担任教師・石井光昭先生を囲んでの同級生の方々との同窓会。 有難くも同席させて頂きました。


22会の皆さん
22会の皆さん


昭和22年生まれの同級生の会「22会」のメンバー6名が参加した今回の集まりは、今年81歳になられるとてもお元気な石井先生を囲んでの夕食会。 昔の懐かしい話に花が咲きました。


石井光昭 先生(81歳)
石井光昭 先生(81歳)


翌朝、22会のメンバーの枝幸町議会議員の小田桐信守さんが、ホテルまで迎えに来てくださり、(有)丸二永光水産(永澤二郎 代表取締役社長)を案内してくださいました。

(有)丸二永光水産は、同メンバーの永澤二郎さんが経営する水産加工会社。鮭、帆立、ナマコなど様々な海産物加工を行う創立30年の会社です。


丸二永光水産の冷凍施設
丸二永光水産の冷凍施設

水産加工作業
水産加工作業


その後、永澤二郎 社長のご自宅にバーベキューハウスにて、見事な海産物の炉端焼きをご馳走になりました。

毛ガニ、タラバガニ、さんま燻製、にしん燻製、さば燻製などなど絶品揃いで、直球の美味しさを堪能!!!


BBQランチ
BBQランチ


午後は、枝幸町郷土資料館「オホーツクミュージアムえさし」にて、高畠孝宗 館長より歌登町で30年前に発見された「デスモスチルス」化石についてのお話を伺いました。


高畠孝宗 館長(オホーツクミュージアムえさし)
高畠孝宗 館長(オホーツクミュージアムえさし)


その後16時より、枝幸町役場会議室にて開催された「オホーツク枝幸ブランド推進会議ワークショップ」を、急遽取材見学することに。


オホーツク枝幸ブランド推進会議ワークショップ
オホーツク枝幸ブランド推進会議ワークショップ


このワークショップは、高井瑞枝先生のご指導により、町役場が主催する町民参加型プログラム。

「オホーツク枝幸のロゴマーク制作」「枝幸音頭の活用」「古老談話集作成」など様々な取り組み活動についての活発な話し合いが行われました。

最後に、オホーツク枝幸ニューグルメ開発試食会では、種田礼子さんをはじめ、有志6名のお母さんたちが開発した「じゃが蟹」など、蟹を使ったお料理の数々が披露されました。


オホーツク枝幸ニューグルメ開発試食会

オホーツク枝幸ニューグルメ開発試食会
オホーツク枝幸ニューグルメ開発試食会


人口8千人の森と海の町「枝幸町」の魅力を満喫した1泊2日の旅でした。 町に導いてくださった高井瑞枝先生に心から感謝たします。 ありがとうございました。


神威岬・名勝ピリカノカ(枝幸町)
神威岬・名勝ピリカノカ(枝幸町)


◆ エンジョイ!北海道・関連記事

枝幸町【No.005】北海道179市町村巡り・春(2017年5月27日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8056

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)