【北竜町】春の訪れ「砂漠のバラ」見事に開花

2017年04月10日

こんにちは、Shunです。
季節は「清明」。田んぼには、落ち穂をついばむ白鳥たちの群れが集い始めました。


集い始めた白鳥 
集い始めた白鳥(撮影:2017年4月6日)


先日、北竜町岩村地区に在住の竹内さんご夫妻が育てていらっしゃる珍しいお花「砂漠のバラ」が開花したとお聞きし、拝見にご自宅を訪れました。


砂漠のバラ 
砂漠のバラ(撮影:2017年4月6日)


英名が、アデニウム・オベスム(Adenium obesum)、日本名で「砂漠のバラ」、学名で「デザート・ローズ」と呼ばれる花。東アフリカ・アラビア南部の砂漠地帯が原産地の多肉植物です。

株元が立派に太く成長し、枝分かれして低木状に広がっています。

花は、先端がラッパ状に開いて、綺麗なピンク色。花の色は、ピンク・赤・白など何種類かあり、太陽の光によって色の濃淡が変化するそうです。

夏は外で開花し、冬は室内で綺麗な花を咲かせます。伸びた枝の先をカットすると、次から次に開花していくそうです。


艶やかなな赤 
艶やかなな赤

太い幹 
太い幹

砂漠のバラの種 
砂漠のバラの種


熱帯植物のような力強さの中に、可憐な優しさと美しさを備え持つ、まさに「「砂漠のバラ」!!!

素晴らしい見事なお花を見せて頂き、ありがとうございました ♡


インディアンの羽根冠 
竹内さん宅の切り崩された裏山(撮影:2017年2月28日)


写真(24枚)はこちら >>


◆ 関連記事

竹内昇さん宅(北竜町岩村)の「砂漠のバラ」が見事に開花!(2017年4月10日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7802

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)