【小平町】オロロンライン沿いの白い海

2016年12月19日

こんにちは、Shunです。
季節は「大雪・末候」を迎え、今年も残り少なくなってきました。

先日のドライブは、「日本海に沿うオロロンライン」。
寒さが厳しい冬の時期、強い風が吹き荒れ、海は荒れ狂う白い波が猛々しい風景を描き出していました。

強い風にあおられ、白い雪のように、海岸線に舞い上る白い泡。。。
この泡は「波の華」と呼ばれ、海中のプランクトンが増加し、その粘液が荒波にもまれ、岩場に打ち付けられて泡となる現象により発生します。

そして、暗雲から照らし出された、スポットライトのような黄金の光。。。
厳しい冬ならではの神秘的な光景の数々でした。


日本海沿いを走るオロロンライン
日本海沿いを走るオロロンライン

勇壮な日本海
勇壮な日本海

道路に舞い上がる「波の華」
道路に舞い上がる「波の華」

スポットライトのような黄金の光
スポットライトのような黄金の光


写真(57枚)はこちら >>


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7386

コメント

久しぶりの閲覧です。お元気なようでなによりです。
黄色のコペンから入れ替えられたんですね。
私も犬を飼ってからホテルを遠慮するようになり、車をアルファードにして道内を車中泊で巡っていました。その頃が懐かしいです。ご夫婦での旅、楽しんでください。
リンク先を覗いていると、町議会のページに行き着きました。そこにある名前を見てびっくり。北島議員は美馬牛中学にいたあの北島君ではないですか! と同時に自分も年をとったんだなぁと実感しました。佐野町長は教育委員会にいたときにお世話になった人、「北竜町の輝く人」の中にも知った方が多数載っていて本当に懐かしく感じた一時です。年をとると妙に昔が懐かしく感じられます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)