【北竜町】お米がおいしいので嫁ぐことを決めました・竹林由美子さん

2016年10月13日

こんにちは、Shunです。
北竜町では、稲刈りも終わり、一年で最高に美味しい新米が頂ける季節を迎えました。

先日、「北竜町のお米がおいしいので、嫁ぐことを決めました」とおっしゃる、竹林由美子さん(JAきたそらち女性部北竜支部長・57歳)に北竜町のお米についてのお話を伺いました。

これまで竹林由美子さんは、パートで訪問看護士の仕事を続けながら、田植えや稲刈りの忙しい時期は農家のお手伝いをしていました。
・・・2年前、お子さんが大学卒業を機に、訪問看護の仕事を退職。その後、ご主人の怪我やお母様の他界など様々な苦しみに立ち向かった日々・・・

「主人の介護、そして母親の最後をしっかりと看取ることができたことは、仕事を辞める時期だったのかなと思いました」と由美子さん。

ご主人と出逢いは、札幌の看護師友達が取り持つご縁。
お付き合いを始めた頃、外食ばかりだったので、家でご飯を作ろうということになり、「ご飯だったら、うちにいっぱいあるよ」とご主人。
オホーツク海岸沿いの町・雄武町出身の由美子さんは、スーパーで販売されているお米しか食べたことがなく、農家が作る北海道産米の本来の味を知りませんでした。

炊いて食べてみたら、
「美味しいしょ~!、こんな美味しいお米ないっしょ!」と、感激した由美子さん!

30kgのお米があっという間になくなってしまい、スーパーに買いにいったところ、当時の新しい品種米「きたひかり」が、どこにも売っていない。
やっと探し当てて購入したところ、美味しくない!
「どうして同じ品種のお米の味が、こんなに違うの?!」。

そうこうしているうちに、竹林均さんが、家を継ぐことになり、
「おまえ、どうする?」と均さんに聞かれ、
「これって、プロポーズ?」と、内心感じた由美子さん。

「あの美味しいお米が毎日食べられるのなら、結婚してもいいかなぁ」と思ったので「いくわ」と、応える。。。

田んぼのことも、農家のことも全く知らない由美子さんにとって、毎日が驚きと疑問の連続でした。
ぬかるんだ田んぼで機械が動かなくなったとき、
「田んぼに入って、うしろから押してくれ」と均さんに言われ、
「こんなぬかるんだ田んぼに入っていったら、わたしまで埋まってしまうっしょ!」と、ビックリした由美子さん。

毎日、色んなことを教えてもらいながら、田んぼの様々な知識を習得していった日々。。。


たわわに稔る稲穂(北竜町岩村地区)
たわわに稔る稲穂(北竜町岩村地区)


「北竜町の農薬節減米(農薬50%削減)の栽培においては、いもち病に関しても、田んぼをしっかりと見回って、病気の兆候を観察する予察対策をしっかりととれば、発生時期に速い処置ができ、蔓延するのを防止することができます。
害虫についても、交替で行う農家の予察員が田んぼ・雑草地・農道・畦などを捕虫網を使ってすくい取り検査します。
虫が発生して害を与える限界まで増えたら、一斉に防除対策を施します。 そうすれば、必要以上に農薬を使わなくて済むし、量も最小限に押さえることができます。

農薬を半減して栽培を行う裏側には、絶え間ぬ努力と労働があります。
普及員さんの適確な指示や、昔からの知恵を活かして、毎日の作業にあたっています。 その年の天候によって、栽培環境は毎年変化するので、今までの経験や予察対策がとても重要になってきます。

天候に左右される農業は、その年その年が一発勝負の博打のようなものです。
大変で大変で、やめたいと思うことは多々あります。 ですが、収穫時期がくると、不思議と『来年はこうして挑戦しよう』と意欲がわいてくるのです。普及員さんには、『反収13俵作る!』と言っているんですよ。

続けられる一番の要因になっていることは、『無から生命が育まれること』です。毎年、田んぼに生命が宿り、我が子のように成長していくのを見守ることができるからです。
田んぼに入れば、その成長ぶりを肌で感じることができ、喜びを感じ、頑張ろうという想いが募ります」
と、温かな言葉で、じっくりと語ってくださった由美子さんでした。


生命宿る北竜町の素晴らしさお米に
愛情と魂を注ぎ込んで育てる農家の人々の偉大さに
限りない尊敬と感謝と祈りをこめて。。。


竹林均さん・由美子さんご夫妻
竹林均さん・由美子さんご夫妻


◆ 北竜町ポータル・北竜町民

竹林由美子さん(2015年1月8日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7124

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)