【深川市】和ロール黒千石@ケーキの店 ボーダ(BODØ)

2016年10月03日

こんにちは、Shunです。
深川東高等学校生徒さんによる黒千石大豆を使ったロールケーキ「和ロール黒千石」が、深川市にある「ケーキの店 ボーダ(BODØ)」で販売されています。

深川東高等学校の授業の「地元産の食物を使ったケーキ」という課題研究で、北竜町出身の生徒さん3名が、北竜町の黒千石大豆を使ったケーキ製作を行い、「ボーダ」での販売が実現しました。


和ロール黒千石
和ロール黒千石@ケーキの店 ボーダ


ロールケーキの生地には、柔らかく煮た黒千石、クリームには、りんごジャム、そして生クリームには黒千石がトッピングされてます。優しい甘さとスポンジのふんわり感が絶品のロールケーキ!


ショーケースの和ロール黒千石
ショーケースの和ロール黒千石


ボーダのパティシエ・佐藤自真(おずま)さんが、東高の生徒さんの相談を受けて、試行錯誤の末、完成したこだわりのケーキ。

ネーミングも様々な案の中から、洋風なケーキの中に和を感じるケーキということで「和ロール 黒千石」と名付けられたそうです。


佐藤自真(おずま)さん
佐藤自真(おずま)さん


1980年(昭和55年)設立の「ボーダ」は、親子代々続くデコレーションケーキのお店です。似顔絵デコレーションケーキもオーダーできます!


佐藤自真さん作・似顔絵デコレーションケーキ
佐藤自真さん作・似顔絵デコレーションケーキ


お店には、ユニークな名前のお菓子が・・・「深川ポテト美人」「けんかした山」「深川からまいりました」「深川の夜景」「「黒米シャリシャリシフォン」「黒米サクサクサブレ」「むらさきロール」黒米カステラ「クンネアマム」など深川産黒米を使った人気のお菓子も色々。。。


黒米カステラ「クンネアマム」
黒米カステラ「クンネアマム」

秩父別町 日和(ひより)
秩父別町 日和(ひより)


これらお菓子の様々なパッケージやネーミングは、パティシエ・佐藤自真(おずま)さんのアイデアから誕生。。。

佐藤自真(おずま)さんは、実に多才なお人柄で、パティシエだけでなく、劇団俳優、ミュージシャン、絵画アーティストなど幅広く活躍されています。


佐藤さんご夫妻
佐藤さんご夫妻


深川には、こんなに楽しいケーキ屋さんが存在していたのですね。
これからも近隣の町の特産品を使ったお菓子が誕生して、町が繋がり、色んな輪が広がっていけたらいいですね。とっても楽しみです♬


ケーキの店 ボーダ(BODØ)
ケーキの店 ボーダ(BODØ)


写真(24枚)はこちら >>


ケーキの店 ボーダ(BODØ)

地図:ケーキの店 ボーダ北海道深川市4条3番1号
Tel:0164-22-4560

【営業時間】9:30~19:00
【定休日】 火曜日
【駐車場】 店隣にあり

【参考ページ】ケーキの店ボーダ・北海道ふかがわ観光サイト


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7056

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)