【北竜町】川本富美子さんの和紙人形「なまはげ」

2016年01月14日

こんにちは、Shunです。
降り積もった積雪は78cmとなり、油断しているとあっという間にベランダは雪の山となります。

サンフラワーパーク北竜温泉の受付カウンターには、お正月から川本富美子さんの和紙人形が展示されています。


川本富美子さんの和紙人形「なまはげ」
川本富美子さんの和紙人形「なまはげ」


「なまはげ」とは、秋田県男鹿市などで大晦日に行われる民俗行事。

数人の青年が鬼のような面をかぶり、藁製のミノや脛巾(はばき)をつけて、素足に藁沓(わらぐつ)を履き、手に木製の出刃包丁を携えて、家々に来訪。

なまはげは、年に一度やってくる歳神(年神)であり、年越の晩に神が訪れ、人々に祝福を与えるとされています。

赤や青の鬼の御面をかぶり、
 「泣ぐ子(ご)はいねぇが(泣く子はいないか)」、
 「わりいごはいねぇが(悪い子はいないか)」、
と声を張り上げて包丁や松明を振り回し、子供たちを震え上がらせます。

赤いお面が男で「じじなまはげ」、青いお面が女で「ばばなまはげ」とのこと。


じじなまはげ
じじなまはげ
ばばなまはげ
ばばなまはげ


川本富美子さんが、この和紙人形をつくったきっかけは、赤と青のなまはげのお面のキーホルダーを知人から戴いたことから。

「新しい年を迎える、大晦日に向けて製作しました。
藁みのをどのように表現しようかと、散々考えた末、凧糸を裂いてミノの雰囲気をだしてみました。草鞋も凧糸で丁寧に編み込みました。
年神様とされるなまはげが訪れて、皆様に幸福をもたらしますようにと願っています」と、 優しい笑顔でお話くださった川本富美子さんです。


「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」
「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」


川本富美子さん、素敵な和紙人形「なまはげ」をありがとうございました!!!

邪悪なものを追い払い、年神様である「福の神」、
すべての人々に「健康と幸福」が訪れますように
心からお祈りいたします。


サンフラワーパーク北竜温泉の鏡餅
サンフラワーパーク北竜温泉の鏡餅


写真(13枚)はこちら >>


◆ 北竜町ポータル & 関連記事

<北竜町ポータル> 川本富美子さんの和紙人形(2015年11月スタート)

<カテゴリー> 川本富美子さんの和紙人形

川本富美子さんの和紙人形・大奥(2017年3月6日)
川本富美子さんの和紙人形・雪ん子(2017年1月12日)
川本富美子さんの和紙人形・黒田武士(2016年11月11日)
川本富美子さんの和紙人形・仮装盆踊り(2016年7月4日)
川本富美子さんの和紙人形・早乙女(2016年5月30日)
川本富美子さんの和紙人形・琉球舞踊(2016年3月17日)
川本富美子さんの和紙人形「なまはげ」(2016年1月14日)
和紙人形・川本富美子さん(2015年11月30日)


◇ Shun

北竜町の「宝もの」が満載!
北竜町ポータル
北海道の「旬」を地元で味わう
エンジョイ!北海道

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/5852

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)