【北竜町】第31回豊作と交通安全を祈願する元旦マラソン 2014

2014年01月06日

謹賀新年、あけましておめでとうございます。
こんにちは、Shunです。
今年もよろしくお願いいたします。



K5 39462.jpg 
真竜神社に初詣(撮影:2014年1月1日)
第31回「北竜町元旦マラソン」豊作・交通安全祈願



今年は、甲午年。
甲は、十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)の1番で、
午年の五行(火・水・木・金・土)は「火気」、陰陽は「陽」。

燃え上がる炎のようなパワーをもって、
先頭をきって走り抜けていく馬のイメージですね。

北竜町の新年は、「元旦マラソン」でスタートします。
体育協会(澤田正人会長)主催の「元旦マラソン」は、1984年(昭和59年)開始され、今年で31回を迎えます。

「元旦マラソン」の事のはじまりは、31年前の大雪で収穫前に倒れてしまった稲たちへの熱い祈りから。
生命がけで育てた稲たちへの熱い想いが、神への祈りと厳寒の中に身を置いての祈願成就へと繋がっていったのですね。

元旦の朝7時に真竜神社に、およそ30人の有志の方々が集合し、
お米の豊作、交通安全、町民の健康を祈願し初詣。

参拝後、消防署前に集合し、「交通安全」のたすき掛けをし、
3kmのコースを各自の体調に合わせ、自由に折り返します。



第31回「北竜町元旦マラソン」スタート! 
第31回「北竜町元旦マラソン」スタート!



沼田警察署和駐在所から出動されたパトカーが、交通安全のために伴走。
降りしきる雪の中、気持ちの良い汗をかきながら、元旦の朝一番の一走り。
心も身体も、キリッと引き締まって、清々しい1年のはじまりです。

マラソン終了後は、北竜消防の2階で恒例の新年会。
美味しいお雑煮は、参加されたお母さん方の健康を願う愛情がたっぷり。

お雑煮のお餅は、毎年、JAきたそらち前組合長・黄倉良二さんが、奥様と一緒に、その年収穫したもち米を杵で就かれた貴重なお餅。31年前の第1回から欠かさず続けられていらっしゃるそうです。

美味しいお酒に美味しいお雑煮、溢れる笑顔。
外は冷たい雪、内は福の神が舞い降りてきたような温かさで包まれています。

幸せを分かち合い、厳しさを力を合わせ乗り越えていく
北竜町のみなさんの受け継がれていく力強い魂に、
元旦から深く感動しているShunです。

今年は、天馬の如く駆け巡る年。。。
元気パワー全開で、走り続けま~す。


◆ 関連記事

第34回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2017・熱い想いを次世代に引き継ぐ(2016年1月3日)
第33回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2016(2016年1月4日)
第32回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2015(2015年1月5日)
第31回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2014(道新ブログ・2014年1月6日)
第30回豊作と交通安全を祈願する北竜町「元旦マラソン」2013 (2013年1月2日)


◇ Shun

北竜町の「今」が満載
北竜町ポータル
運営管理者:Noboru & Ikuko


トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1819

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)