【斜里町】天に続く道・100の道 No.80

2013年11月21日

こんにちは、Shunです。
ぼくが是非訪れて見たかった、あこがれの道。

北海道斜里町峰浜の絶景直線道路、その名は「天に続く道」 。
一直線の道が、起伏を繰り返し、空へと繋がって、
吸い込まれるように延びていく道です。
峰浜から同管内小清水町倉栄まで国道、農道、町道を結ぶ28キロコース。


天空へ伸びゆく道を眺めて 
天空へ伸びゆく道を眺めて(撮影:2013年10月19日)


斜里町市街地から、
国道334号を斜里町朱円方向に10kmほど東に走ると、
国道は突然左カーブ。
ここを曲がらずそのまま真っすぐ南三号に入り、ひたすら真っすぐに坂を登る。

登り切ったあたりで、ふっと振り返ると、突如現れる絶景。
視界を妨げるものは何もなく、まさにそこは、天に続く道。わぉーーーーー!

ビューポイントだけあって高台に展望台。
展望台から眼下に広がる広大な麦畑と防風林、
オホーツク海、前方に能取岬、左後方に斜里岳。

夕陽が地平線に溶けていきます。ヒューヒュー サイコー ♬

まさに、北海道らしい「天空への道」
こんな道に出会えて、嬉しいなぁ~~~
このまま、ビューーーンとお空へ飛んでいってしまいそう・・・


天に続く道 天に続く道の展望台 
左:天に続く道  右:展望台


◆ 参考ページ: 北海道新聞「ほっかいどう100の道」


◇ Shun

北竜町の「今」が満載
北竜町ポータル
運営管理者:Noboru & Ikuko


トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1466

コメント

ひどい! パクリです。

この移住ブログ欄のお宅のすぐ上にある佐々木夏海さんが11月12日に同じタイトルでアップしたばかりじゃないですか。
ブログのマナーは守ってください。

ついでに言うとフォトも佐々木さんの方がナイスです。

山田秀樹様、
コメント、ありがとうございます。

まず、当ブログの記事により、山田様に大変不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。

確認しましたところ、当ブログの11月21日付け記事のタイトル「天に続く道(斜里町)・100の道No.80」が、佐々木夏実さんの11月12日付の記事タイトル「天に続く道」と重なっておりました。

タイトルが重ってしまいましたことに関し、深く反省しております。
今後は、このようなことがないよう配慮の上、細心の注意を払って情報発信していきたいと思います。

私達は、現在、北海道新聞の「ほっかいどう100の道」をはじめ、道内のあちこちを巡り、北海道の魅力をより多くの人々にお伝えすべく情報発信をいたしております。
今後、佐々木さんが訪問される場所と私達の訪れる場所が重なってしまう可能性があることを、どうぞご理解戴きたくお願い申し上げます。

北海道の各地の魅力は、同じ人が同じ場所を訪れても、その瞬間に感じる感動は、ひとつとして同じものはありません。
さらに、十人十色と申しますように、人それぞれがもつ視点や感覚によって、その場の自然が織り成す空気感は、まったく別なものとして感じられるでしょう。

様々な視点で一人でも多くの人々が、北海道の魅力を全国に伝えることは、北海道の魅力が一層輝きを増すことに繋がると思っております。
私達は、一層精進して情報発信に励んでまいります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)