« <第5回 じいたん子ども基金 収支詳細ご報告> | メイン | <よい子のお話・第4話 喧嘩> »

東日本大震災チャリティ・コンサート (147) <心に残るコンサート 苫小牧市民のみなさん ありがとう>

2013年05月02日


147回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月28日(日)の14:00から、
JR苫小牧駅と直結した商業施設、「えがお」の7階で行われました。(4回目)

11時過ぎに会場入りすると、すでにピアノの調律は終わっていて、会場の設営も・・・
並べられたパイプ椅子の数は150ぐらいでしょうか・・・

このところのチャリティの入場者は、20名、16名、40名・・・
お客さんが少ないチャリティが続いたので、こんなに並べちゃっていいのかな・・・
ちょいと、気になりましたが、開場時間になるとお客さんは続々と・・・

スタッフはセッテイングを変え、急遽追加の椅子を置いていました。

& この日もピアノは鳥居はゆきさん。

3児の母で、カフェと洋服屋さんを経営し、一人で切り盛りするこの人・・・
忙し過ぎて、ピアノに向かう時間がなかなかとれないのが悩みの種・・・
前夜は、宴会があり12時まで働いたそう・・・
そのあと、午前2時過ぎまでピアノの練習をしたという努力家です。

これまでのチャリティ・コンサートでは、
いつも温かな雰囲気の中で、チェロを弾かせていただいていますが、
この日の会場内は、特に温かな空気に包まれていました。

客席に漂う空気は、やわらかくて温かく、聴衆のみなさんは僕の活動を理解し、
応援してくれている・・そういう空気をヒシヒシと感じ感激でした。 
デビューして54年・・数多いコンサートの中で思い出に残るコンサートの一つになりました。

また苫小牧でチャリティがやりたいです。 苫小牧市民の皆さん、ありがとう。 

入場者・約180名。 義援金額・¥76,209~は、「じいたん子ども基金」に。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

8月25日(日)、栗山町 カフェ ふあり(再演・開演時間未定)と、10月12日(土)、
新発寒教会(再演・午後、開演時間未定)、以上2公演が新たに決まりました。

今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20547

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック