« 東日本大震災チャリティ・コンサート (147) <心に残るコンサート 苫小牧市民のみなさん ありがとう> | メイン | <ご恩返しは薪割りで・・> »

<よい子のお話・第4話 喧嘩>

2013年05月04日

仲良し兄弟、小学校6年生の坂口蔵武(クロム)君と、4年生の生匠(ウジョウ)君・・・

音楽が大好きなクロムは、2月から毎月一人で、札響の夜の定期演奏会を聴きに・・・
4月からは、ピアニスト・伊藤珠貴さんの元へ毎週ピアノのレッスンに通いはじめました。

それに刺激されたのか弟のウジョウ・・・
4月の札響定期演奏会にお兄ちゃんと一緒に行く事になりました。

コンサート当日・・さぁ、これから行くぞ・・という時、何を思ったかクロム・・・

「ウジョウ、オマエ、おれが死んだら悲しむかい?」

「別に悲しくないよ。」

これだけのことで烈火のごとく怒ったクロム・・二人の間は険悪に・・・

クロムはウジョウを無視して一人でコンサートへ・・・
ウジョウは、少し遅れてベソをかきながらあとを追いました。

コンサート会場は、札幌コンサート・ホール、「キタラ」の大ホールで、
二人の席は1階と2階で別々でした。

クロムは音楽を楽しみ、ウジョウは最初から最後まで寝ていたそう・・・

やがて終演・・ウジョウがコンサートには来ていないと思ったクロムは、
一人でさっさと家に帰ってしまいました。 ウジョウは、ロビーでお兄ちゃんを捜しましたが、
見つからず、一人ボッチになってしまいました。

それを見て心配になったキタラの職員・・ウジョウからお母さんの電話番号を聞き、
最寄の地下鉄駅まで連れて行く旨、伝えたそう・・・

よい子のケンカが、キタラの職員にとんだ迷惑をかけたようです。

& 「よい子のお話」、第1話~第3話までは、2・5 2・25 4・19日にお伝えしています。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20499

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック