« 2013年04月 | メイン

東日本大震災チャリティ・コンサート (148) <とんだハプニング>

2013年05月06日


148回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、5月5日(日)の14:00から、
札幌市中央区のマンション、「コスモビュー 豊平橋」のエントランスで行われました。

国道36号線に面していて、豊平川沿いにあるこのマンション・・・
エントランスは広々としていてびっくりしました。 会場となったのは、そのエントランス・・・

そこに入って2度びっくり・・・
頼んでおいた伴奏用のピアノに代わるクラビノーバがないのです。
打ち合わせの段階で行き違いがあったのか、主催者が忘れたのか・・・

マネージャー役は、ピアノ伴奏役も兼ねた鳥居はゆきさん(はっちゃん)・・・
以前はすべて自分でやっていましたが、これだけ多忙になると僕には対応しきれません。

スケジュールの調整、主催者との打ち合わせ、曲目・写真の送信など、すべてこの人が・・・
スケジュールは、「じいたん」の健康を心配して、余裕が出来るように調整してくれます。

主催者は、マンションの全世帯に館内放送で、
「クラビノーバがコンサートに必要です。お持ちの方、お借り出来ないでしょうか・・・」

快く名乗りあげた人がいて、事なきを得ました。

入場者・45名。 義援金額・¥19,800~は、「じいたん子ども基金」に。

基金の現在残高は、【¥923,721~】になりました。 ご厚情ありがとうございました。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

6月23日(日)、室蘭グリーンデパート(再々演)。 13:30開演が新たに決まりました。

今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

<ご恩返しは薪割りで・・>

2013年05月05日


札幌市中央区にある、初春のCAFE LAKURA・・・

店の経営者、鳥居はゆきさん(はっちゃん)には、お世話になりっぱなし・・・

「じいたん子ども基金」開設以来、
基金の事務所として店の1室を無償で提供してくれています。
中央区のこのあたりの場所で事務所を借りれば、
狭い1室でも、毎月万札が数枚飛んでいくでしょう。

LAKURAの冬季は、赤々と燃えるすてきな暖かな暖炉が・・5月中旬頃まで燃やすそう・・・

ある日、薪を買い忘れたはっちゃん・・・

「どうしよう・・・」 「収納場所に、薪はたくさんあるじゃないか。」

「あれは長過ぎたり太すぎたりで暖炉に入らないんです。」 「よっしゃ、オレにまかせとけ!」

斧と鋸を出してもらい、テラスで長い薪は半分の長さに切り、
太いのは斧で半分か、4分の1にガンガン割りました。 

これを店の中から見ていたお客さん、「英順さんが薪割りやってる・・」とニヤニヤ・・・

& テラスの前の庭には、可憐なクリスマス・ローズが・・・

これで、多少はご恩返しが出来たかな・・・
ひと汗かいてビールをグイっとやっていると、そこに現れたのが酒好きの親友たち・・・

下川町出身の柴田映子さん・・「健康によいから」・・と、
おいしい下川産のトマトジュースを欠かさずプレゼントしてくれる酒好きな素敵なオナゴ・・・

電通北海道勤務の木村さんは、「じいたん子ども基金」の事務局長・・・
ハードなスケジュールをこなしている、高齢チェリストの健康を人1倍心配してくれます。

もう一人はオモロイオッサンの坪田さん・・初対面の時に活動費に、ってお金を・・・

役者はそろった! 

数日前、栗山町でチャリティがあった際買ってきた、小林酒造の「大吟醸・北の錦」で、
地下鉄最終の時間まで盛り上がりました。


& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

5月4日、電通北海道勤務の木村さんのお嬢さん、優花さんから、
「じいたん子ども基金」に、¥1,000~を・・・
KIKIさんから、活動費として、¥2,000~の寄付を、お預かりしました。

「じいたん子ども基金」の現在残高は、¥903、921~になりました。 

ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 

今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。


<よい子のお話・第4話 喧嘩>

2013年05月04日

仲良し兄弟、小学校6年生の坂口蔵武(クロム)君と、4年生の生匠(ウジョウ)君・・・

音楽が大好きなクロムは、2月から毎月一人で、札響の夜の定期演奏会を聴きに・・・
4月からは、ピアニスト・伊藤珠貴さんの元へ毎週ピアノのレッスンに通いはじめました。

それに刺激されたのか弟のウジョウ・・・
4月の札響定期演奏会にお兄ちゃんと一緒に行く事になりました。

コンサート当日・・さぁ、これから行くぞ・・という時、何を思ったかクロム・・・

「ウジョウ、オマエ、おれが死んだら悲しむかい?」

「別に悲しくないよ。」

これだけのことで烈火のごとく怒ったクロム・・二人の間は険悪に・・・

クロムはウジョウを無視して一人でコンサートへ・・・
ウジョウは、少し遅れてベソをかきながらあとを追いました。

コンサート会場は、札幌コンサート・ホール、「キタラ」の大ホールで、
二人の席は1階と2階で別々でした。

クロムは音楽を楽しみ、ウジョウは最初から最後まで寝ていたそう・・・

やがて終演・・ウジョウがコンサートには来ていないと思ったクロムは、
一人でさっさと家に帰ってしまいました。 ウジョウは、ロビーでお兄ちゃんを捜しましたが、
見つからず、一人ボッチになってしまいました。

それを見て心配になったキタラの職員・・ウジョウからお母さんの電話番号を聞き、
最寄の地下鉄駅まで連れて行く旨、伝えたそう・・・

よい子のケンカが、キタラの職員にとんだ迷惑をかけたようです。

& 「よい子のお話」、第1話~第3話までは、2・5 2・25 4・19日にお伝えしています。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災チャリティ・コンサート (147) <心に残るコンサート 苫小牧市民のみなさん ありがとう>

2013年05月02日


147回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月28日(日)の14:00から、
JR苫小牧駅と直結した商業施設、「えがお」の7階で行われました。(4回目)

11時過ぎに会場入りすると、すでにピアノの調律は終わっていて、会場の設営も・・・
並べられたパイプ椅子の数は150ぐらいでしょうか・・・

このところのチャリティの入場者は、20名、16名、40名・・・
お客さんが少ないチャリティが続いたので、こんなに並べちゃっていいのかな・・・
ちょいと、気になりましたが、開場時間になるとお客さんは続々と・・・

スタッフはセッテイングを変え、急遽追加の椅子を置いていました。

& この日もピアノは鳥居はゆきさん。

3児の母で、カフェと洋服屋さんを経営し、一人で切り盛りするこの人・・・
忙し過ぎて、ピアノに向かう時間がなかなかとれないのが悩みの種・・・
前夜は、宴会があり12時まで働いたそう・・・
そのあと、午前2時過ぎまでピアノの練習をしたという努力家です。

これまでのチャリティ・コンサートでは、
いつも温かな雰囲気の中で、チェロを弾かせていただいていますが、
この日の会場内は、特に温かな空気に包まれていました。

客席に漂う空気は、やわらかくて温かく、聴衆のみなさんは僕の活動を理解し、
応援してくれている・・そういう空気をヒシヒシと感じ感激でした。 
デビューして54年・・数多いコンサートの中で思い出に残るコンサートの一つになりました。

また苫小牧でチャリティがやりたいです。 苫小牧市民の皆さん、ありがとう。 

入場者・約180名。 義援金額・¥76,209~は、「じいたん子ども基金」に。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

8月25日(日)、栗山町 カフェ ふあり(再演・開演時間未定)と、10月12日(土)、
新発寒教会(再演・午後、開演時間未定)、以上2公演が新たに決まりました。

今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。


プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック