« 東日本大震災チャリティ・コンサート (145) <厚別中学校の生徒も募金を・・> | メイン | <嬉しい! 広がる善意の輪> »

東日本大震災チャリティ・コンサート (146) <あふれんばかりのお客さん>

2013年04月26日


146回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月25日(木)の14:00から、
JR栗山駅に近い、夕張郡栗山町の「カフェ・ふあり」で行われました。

会場にはピアノがないので、チェロだけでバッハの無伴奏組曲などをモリモリ弾きました。

場内は超満員・・といっても、30人で満席になる、こじんまりとした店・・・
そこに10名オーバーの40人を予約受付し、その後の予約はお断りしたそう・・・

前回のチャリテイは70~80席ある会場なのにお客さんは16人・・いろいろあるもんです。

チェロを弾く場所から、最前列のお客さんとの距離は1メートル弱で、ギュウギュウ詰め・・・
皆さん、さぞや窮屈な思いをされたことでしょう。

場内は人いきれで、まるで真夏の沖縄ような暑さ・・・
しかし、すべては被災地・被災者のため・・すみませんが、ご辛抱を・・・

お客さんの中には、酒好きの人なら知らぬ人はなし・・小林酒造の専務の奥さんが・・・

終演後、「英順さん、ちょっと待ってて・・」というなり、ひとっ走り・・・
もどって来ると手には1升瓶が・・・

特別純米、「無ろ過生原酒・まる田」、アルコール度18~19度・・・
酒はアルコール度がやや高めがうまいです。

800本しか造っていない貴重な上にも貴重なお神酒・・・

ありがたや、ありがたや、小林酒造ばんざ~い。ヽ(^o^)丿

入場者・40名。 義援金額・¥58,500~は、「じいたん子ども基金」に。

4月22日の通帳記帳で、カブさんから、「じいたん子ども基金」に、
¥5,000~の寄付をお預かりしました。

基金の現在残高は、¥753,382~(4月24日までの残高)+
¥5,000~(カブさんから)、+¥58,500~(4月25日のチャリテイ募金)=
【¥816、882~】になりました。 ご厚情ありがとうございました。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20524

コメント

今日もお疲れさまでした。
荒天候のGWになってしまいました。

栗山・ふありでのコンサート
ちょっと暑かったけれど、近くで英順さんの音楽やお話が聴けて
みなさん、大満足だったと思います。
(私は200%以上の大満足~ヽ(^o^)丿)

実は…
小林酒造さんには
とってもおいしいお蕎麦屋さんがあるの、ご存知でした?
それに栗山には
私の大好きな、オムライスのおいしいお店もあるのです。
英順さんと良い子たちに食べさせてあげたいなぁ…

kyo さん、おはようございます。コメントありがとう。 栗山「ふあり」のチャリティは、会場が熱気にあふれ、すばらしかったですね。
「ふあり」で再演をやりたいです。もちろん、小林酒造でも・・・実現するといいなぁ~。

先日はありがとうございました。
とてもしあわせな時間でした。うれしすぎて言葉が見つからず、失礼致しました。
震災のお話しを聞いている時のお客様の真剣なお顔と、演奏を聴いている時や帰り際のいいお顔が印象的でした。友人たちもずいぶん手伝ってくれました。
狭いところで申し訳ありませんが、ぜひもう一度コンサートをお願いしたいと思います。8月25日ではいかがでしょうか?

曜子さん、先日はチャリティ・コンサートで大変お世話にありがとうございました。皆さんが、最後まで熱心に聴いてくださり、とっても嬉しかったです。

8月25日はOKです。もう1度とおっしゃらずに、ご迷惑でなければ、被災地が復興するまで何度でもやらせてくださいね。

先日苫小牧の会場でコンサートを聴きました。
私の高齢の親類3人が震災で犠牲になり、2人が行方不明です。
震災で犠牲になられた方のチェロを弾いていたんですね。
素人ですが心のこもった素晴らしい音色でした。
その方をはじめ亡くなられた方、行方不明の方の魂が癒されることを願って聞いていました。
ありがとうございました。
英順さんのお話を聞き、チャリティーコンサートを続けているお気持ちが天に届いていると確信しています。
途中精神を病んでいる方の発言(近くに居ましたのでご自分で言っているのが聞こえました)とはいえ、同じ会場にいた同じ市民として申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
これからも活動を続けられるとのことですが、どうかお体を大切に、また来苫くださることを願っています。

hiro さん、はじめまして。コメントありがとうございました。
先日は、たくさんの方々に聴いていただき幸せでした。会場内からは、僕のチャリティ活動を理解し、応援してくださる空気が伝わってきました。
これからも被災地に思いを馳せてチャリティを続けます。また苫小牧で弾きたいです。苫小牧公演が実現したら、コンサートでお会いしましょう。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック