« 東日本大震災チャリティ・コンサート (144) <おしゃれなカフェで・・> | メイン | 東日本大震災チャリティ・コンサート (146) <あふれんばかりのお客さん> »

東日本大震災チャリティ・コンサート (145) <厚別中学校の生徒も募金を・・>

2013年04月24日


145回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月21日(日)の15:00から、
札幌市厚別区・新札幌の居酒屋、
「月や」の中にある70~80席ぐらいのホールで行われました。

ご来場のお客さんの中には、厚別中学校の生徒数人が・・・
彼等は、入場するなり受付に設置した募金箱にお金を入れてくれました。

貴重なお金・・若者の尊い気持ち・・僕は身体が震えるような感動をおぼえました。
いくら募金してくれたのかはわかりません。
でも、金額ではなく、行為そのものが立派で心を打たれたのです。

コンサートの中でも、終演後も、僕はその子たちに何度もお礼を言いました。

「君たちの温かいお気持ちは、必ず被災地の子どもたちに届けます。」

「子どもたちは君たちに感謝の気持ちを持ち続けるでしょう。」

「歴史が証明しているように、震災は繰り返しやって来ます。
感謝の気持ちを忘れずにいた子どもたちが大人になり、
またどこかで震災が起きた時、今度は彼等が被災者を助けるようになると思うのです。」

終演後は、このチャリティ・コンサートのために会場を無償提供してくれ、
多大なお力添えをいただいた、居酒屋「月や」のオーナー、
藤島さんと杯を酌み交わし、今後のチャリティ活動についてアドバイスをいただきました。

入場者数・16人。 義援金額・¥9,164~は、「じいたん子ども基金」に。
現在の基金の残高は、¥744,218~(4月23日までの残高)+
¥9,164~=【¥753,382~】となりました。 ご厚情ありがとうございました。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20498

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック