« <ついつい贅沢を> | メイン | 東日本大震災チャリティ・コンサート (143) <チャリティ・コンサートに落語が登場 > »

東日本大震災チャリティ・コンサート (142) <牛舎を改造したホールでコンサート>

2013年04月15日


142回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月13日(土)の15:00から、
「千歳あぷかの森 ギャラリー・ラボ」で行われました。

このコンサートは、僕のチャリティ活動の支援者のお一人、
湯峯和幸さんのお力添えで実現しました。

未だ先が見えぬ被災地の復興・・仮設住宅で暮らす多くの人々・・・
新年度になり、初のチャリティに新たな気持ちでコンサートに臨みました。

JR千歳駅から約20km・・道路の両側は、田んぼと森があるだけの田園風景・・・
交通機関はタクシーしかありません。

道路脇には、照れくさいような、こんな大看板も・・・

& 自然が好きなピアニスト・はっちゃん(鳥居はゆきさん)は、ご機嫌そのもの。

到着すると、ビールと小樽ワインに、ご馳走が待っていました。
ハスカップ寿司、鹿肉のシャブシャブ、イカの肉ダンゴ、
もぎたて・揚げたて・・ふきのとうの天ぷら・・・

誘惑に負け、リハーサルそっちのけでグイグイ・パクパク・・・

コンサート会場となったのは牛舎・・離農農家から牛舎の骨組みを買い取って、
改造したものだそうです。 その裏には池があり、ニジマス、鯉、フナが・・・

周囲の土地20ヘクタールは、湯峯和幸さんの土地・・・

じゃがいもなどを育て、子どもを呼んで、いもほりなどを体験させているそう。
いいことやっているなぁ、湯峯さん・・・

招かれざる客も・・エゾ鹿です。 ここでもこれは悩みの種なのでしょう。

この日の入場者43名。 義援金額・¥42,369~は、「じいたん子ども基金に」


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

基金の残高は、¥648,599~(4月11日投稿までの残高)+
¥42,369~(今回の募金)=【¥690,928~】になりました。 

ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日、3月7日、 3月31日、のブログで、
お知らせしています。

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30、4・11のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20441

コメント

暫くぶりなのに遅い時間にメールをいれてしまい、ごめんなさい。

なんとか、元気です。
英順さんのpowerには、脱帽です。

14年の2月も手帳に書きとめました。(*^^)v

歌子さん、おはようございます。コメントありがとう。
僕が元気なのは、よく飲み、よく笑い、よく寝るからでしょうかね。先日、林家とんでん平さんが、怒るのは身体に悪いけど、笑うのは身体によい・・と、落語の中でおっしゃっていましたよ。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック