« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

<第5回 じいたん子ども基金 収支詳細ご報告>

2013年04月30日


【 基金収入の内訳 チャリティ・コンサート会場で募金・口座へ振り込み ほか】

● 収支詳細は、このブログでご報告しています。第1回・12月31日、第2回・1月31日、
第3回・3月7日、第4回・3月31日・・こちらのご報告も、ご参照下さい。

● 2013年4月にお預かりした寄付。
                  
4月3日、デンポウ ユカ さんから、¥5,000~
4月4日、紋別混声合唱団さんから、¥21,864~
4月5日、木村美穂さんから、¥5,000~
4月8日、ササガワ マキさんから、¥10,000~
4月8日、マツオ ケンジロウさんから、¥5,000~
4月13日、第142回チャリティ・コンサート、千歳あぷかの森、¥42,369~
4月14日、第143回チャリティ・コンサート、カフェ LAKURA、¥30,000~
4月16日、ハヤシ ケイコさんから、¥2,000~
4月17日、札幌座のパーティで、¥3,890~
4月20日、第144回チャリティ・コンサート、北広島市 カフェ まつ風、¥17,400~
4月21日、第145回チャリティ・コンサート、新札幌 居酒屋 月や、¥9,164~
4月22日、カブさんから、¥5,000~
4月25日、第146回チャリティ・コンサート、栗山町 カフェ ふあり、¥ 58,500~
4月28日、佐藤喜美子さんの、「春の彩り 手作り3人展」の募金、¥9,830~
4月28日、第147回チャリティ・コンサート、苫小牧駅前、「えがお」、¥76,209~

合計・【¥301,226~】

● 【じいたん基金を開設後の収入合計(総額)】

¥1,934,670~(3月までの収入総額)+¥301,226~(4月分)=
【¥2,235,896~】

● 【基金から支出】

2012年12月の支出。 六尺筝5面・・・¥295,000~(振込み手数料、¥735含む) 
アルト・リコーダー37本・・・・・・・・・・・・・ ¥71,140~(振込み手数料、¥840含む) 

合計、【¥366,140~】
 

2013年3月の支出。 尺八1・・・ ¥18,700~
文化筝2面・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥84,600~
筝14面・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥826,000~
ピアニカ 8台・・・・・・・・・・・・・・・・・・¥37,535~

合計、【¥966,835~】 

【これまでの支出総額】

¥366,140~(2012年12月の支出)+¥966,835~(2013年3月の支出)=
【¥1,332,975~(支出総額)】

● 【現在の基金の残高】
 
¥2,235,896(収入総額)-¥1,332,975~(支出総額)=
【¥902,921~現在残高】

【第1回チャリティ・コンサートから、
第147回チャリティ・コンサートまでの総入場者数・約12,586名。

【第1回チャリティ・コンサートから、
第147回チャリティ・コンサートまで(4月27日現在)の総義援金額は、
【¥12,835,613~】

ご厚情ありがとうございました。 今後とも引き続き、ご支援よろしくお願い申し上げます。

PS・・今後のコンサート・スケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。


<嬉しい! 広がる善意の輪>

2013年04月28日


先日、放射能被害で苦しむ福島県郡山市の、
「こばと保育園」の子どもたちに贈ったピアニカ 8台・・・

この保育園の園児は今年度22人・・先日、代表の安瀬(あんぜ)清さんと、
電話で話したところ、子どもたちがとても喜んでいて、
ピアニカを奪い合いすることもあるそうです。

「子ども一人に1台あったら、どんなに喜ぶでしょう。」

8台ほしい・・との要望は安瀬さんから・・遠慮したのでしょうか・・・

このことを145回目のチャリティ・コンサートを主催してくれた、
札幌市厚別区・新札幌で、居酒屋、「月や」ほか2軒の居酒屋を経営している、
藤島さんに話したところ、 「ピアニカは、使わずに眠っているものがたくさんあるはず・・・」

確かに・・ピアニカは、保育園、幼稚園、小学校の時に使ったら、
その後は使うことがありません。

藤島さんは、厚別地区の中学校・高校のPTA会長をかけもちで引き受けている、
地域の貢献者・・早速このことを、お母さん方に話してくれました。
即座に手をあげたのは、数人のお母さんたち・・ピアニカの数は15台に・・・

すでに贈った8台と、新たに15台を加えれば、子ども一人に1台ずついきわたり、
先生も一緒に遊んであげることが出来ます。

中古品なので、藤島さんは、業者に洗浄の方法などを聞いた結果、洗浄は簡単で、
チューブの部分を新品に取り変えればよい・・とのこと。

これで、万事OK・・連休明けには発送出来そう・・・
子どもたちがどんなに喜ぶかと思うと、僕は嬉しくてたまりません。

皆様からお預かりした温かいお気持ちは、確実に被災地の子どもたちに届いています。

ありがとうございました。


& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

今日(4月28日)は、苫小牧駅前デパート、「えがお」で、
147回目のチャリティ・コンサートが、14:00から行われます。

今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 4月25日に北村郷子さんから、¥2,000~の活動費をお預かりしました。
活動費は、ご支援いただいた都度ブログでご報告していますが、
支出についてはご報告していません。

しかし、「じいたん子ども基金」の会計担当・鳥居はゆきさんが、
支出についてはノートを購入して領収書を貼付し、収支は明確にしていますので、
活動費をご支援下さった方々には、いつでもご覧いただけるようになっています。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災チャリティ・コンサート (146) <あふれんばかりのお客さん>

2013年04月26日


146回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月25日(木)の14:00から、
JR栗山駅に近い、夕張郡栗山町の「カフェ・ふあり」で行われました。

会場にはピアノがないので、チェロだけでバッハの無伴奏組曲などをモリモリ弾きました。

場内は超満員・・といっても、30人で満席になる、こじんまりとした店・・・
そこに10名オーバーの40人を予約受付し、その後の予約はお断りしたそう・・・

前回のチャリテイは70~80席ある会場なのにお客さんは16人・・いろいろあるもんです。

チェロを弾く場所から、最前列のお客さんとの距離は1メートル弱で、ギュウギュウ詰め・・・
皆さん、さぞや窮屈な思いをされたことでしょう。

場内は人いきれで、まるで真夏の沖縄ような暑さ・・・
しかし、すべては被災地・被災者のため・・すみませんが、ご辛抱を・・・

お客さんの中には、酒好きの人なら知らぬ人はなし・・小林酒造の専務の奥さんが・・・

終演後、「英順さん、ちょっと待ってて・・」というなり、ひとっ走り・・・
もどって来ると手には1升瓶が・・・

特別純米、「無ろ過生原酒・まる田」、アルコール度18~19度・・・
酒はアルコール度がやや高めがうまいです。

800本しか造っていない貴重な上にも貴重なお神酒・・・

ありがたや、ありがたや、小林酒造ばんざ~い。ヽ(^o^)丿

入場者・40名。 義援金額・¥58,500~は、「じいたん子ども基金」に。

4月22日の通帳記帳で、カブさんから、「じいたん子ども基金」に、
¥5,000~の寄付をお預かりしました。

基金の現在残高は、¥753,382~(4月24日までの残高)+
¥5,000~(カブさんから)、+¥58,500~(4月25日のチャリテイ募金)=
【¥816、882~】になりました。 ご厚情ありがとうございました。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。


東日本大震災チャリティ・コンサート (145) <厚別中学校の生徒も募金を・・>

2013年04月24日


145回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月21日(日)の15:00から、
札幌市厚別区・新札幌の居酒屋、
「月や」の中にある70~80席ぐらいのホールで行われました。

ご来場のお客さんの中には、厚別中学校の生徒数人が・・・
彼等は、入場するなり受付に設置した募金箱にお金を入れてくれました。

貴重なお金・・若者の尊い気持ち・・僕は身体が震えるような感動をおぼえました。
いくら募金してくれたのかはわかりません。
でも、金額ではなく、行為そのものが立派で心を打たれたのです。

コンサートの中でも、終演後も、僕はその子たちに何度もお礼を言いました。

「君たちの温かいお気持ちは、必ず被災地の子どもたちに届けます。」

「子どもたちは君たちに感謝の気持ちを持ち続けるでしょう。」

「歴史が証明しているように、震災は繰り返しやって来ます。
感謝の気持ちを忘れずにいた子どもたちが大人になり、
またどこかで震災が起きた時、今度は彼等が被災者を助けるようになると思うのです。」

終演後は、このチャリティ・コンサートのために会場を無償提供してくれ、
多大なお力添えをいただいた、居酒屋「月や」のオーナー、
藤島さんと杯を酌み交わし、今後のチャリティ活動についてアドバイスをいただきました。

入場者数・16人。 義援金額・¥9,164~は、「じいたん子ども基金」に。
現在の基金の残高は、¥744,218~(4月23日までの残高)+
¥9,164~=【¥753,382~】となりました。 ご厚情ありがとうございました。

& 東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災チャリティ・コンサート (144) <おしゃれなカフェで・・>

2013年04月23日


144回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月20日(土)の15:00から、
JR北広島駅東口に近い、カフェ・まつ風で行われました。(再演)

冒頭、被災地で震災の様子を聞き、その話を元に紙芝居を作った佐々木陽子さんが、
自作自演を行いました。僕は、生演奏のBGMで、紙芝居をそっと支えました。

佐々木さんのご主人は、
チャリティ・コンサートでお世話になったことがある小学校の校長先生・・・

この校長先生、初対面の時から、まるで若い頃から付き合っていたようなキサクな人・・・

「オレの給料より、教頭先生の給料の方が高いんだよなぁ~」・・初対面でこんな調子・・・
僕は、こういうキサクな人が大好きです。

そういえば僕の札響での給料は、
首席奏者なのにチェロ・セクションの中で3番目の時もありました。
年功序列の給与体系だからです。月額8,000円の首席手当てをもらっても、
うしろの席で弾いている年上のチェリストより少なかったのです。

カフェ・まつ風は20人ぐらいで満席になるこじんまりとしたカフェですが、
公園に隣接し、建物もおしゃれで一度行ったら、また行きたくなる店・・・

終演後はパーティが・・お客さんとビール、シャンパン、ワインを・・・
料理は見たこともない分厚いピザなど、ご馳走をいただきながら歓談を楽しみました。

入場者・20人。 義援金額・¥17,400は、「じいたんこども基金」へ。

基金の現在残高は、¥726、818~(4月19日現在)+¥17,400=
¥744,218~になりました。 ご厚情ありがとうございました。

東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
 今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。

<今後のコンサート・スケジュール>

2013年04月22日


【今後のコンサート・スケジュール・・・】

● 印は、東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

● <146> 4月25日(木)、栗山町・カフェ ふあり。 14:00開演。
 

● <147> 4月28日(日)、苫小牧駅前デパート・えがお。 14:00開演。

● <148> 5月5日(日)、 札幌市豊平区・
  マンション コスモビュー 豊平橋エントランス。 14:00開演。

● <149> 5月11日(土)、札幌市厚別区・カフェ こだまの森。(再々演) 13:30開演。

● <150> 5月18日(土)、札幌市手稲区・カフェ じょじょ。(再々演) 15:30開演。

  5月24日(木)、新ひだか町公民館 大会議室。チェロ・コンサート。 18:30開演。

● <151> 5月30日(木)、札幌市 サウンドホール・心音(ココロン 再演) 14:00開演。

● <152> 6月2日(日)、蘭越町パームホール。(4回目) 14:00開演。

  6月15日(土)、洞爺湖芸術館。 チェロ・コンサート。 開演時間未定。

● <153> 6月22日(土)、函館市 遺愛学院講堂。 14:00開演。

● <154> 6月23日(日)、室蘭グリーンデパート。(再々演) 13:30開演。

  6月29日(土)、夕張郡 由仁寺。 チェロ・コンサート。 15:00開演。

7月6日(土)、帯広 北のハウス。 チェロ・コンサート。 14:00開演と夕方から2公演。

● <155・156> 7月27日(土)、 北広島市 黒い森美術館。(再演) 
  11:00と14:00開演。

● <157> 8月11日(日)、紋別市 市民会館小ホール。(再々演) 14:00開演。

● <158> 8月25日(日)、夕張郡栗山町 カフェ ふあり。(再演) 開演時間未定。

● <159> 9月6日(金)、札幌市中央区・CAFE LAKURA (9回目) 18:30開演。

 9月8日(日)、北海道難病センター。 チェロ・コンサート。 13:00開演。

● <160> 9月16日(月・祝)、札幌市生活支援ハウス 静樹苑。 開演時間未定。

● <161> 9月28日(土)、恵庭市 おうちカフェ MayMe”s メイミーズ。 開演時間未定。

● <162> 10月5日(土)、北広島市 カフェ まつ風。(再々演) 15:00開演。 

● <163> 10月12日(土)、札幌市新発寒教会。(再演) 開演時間未定。

 10月19日(土)、江別市コミニュテイ・センター。 朗読とチェロ。開演時間未定。

● <164> 10月26(土)、室蘭市 室蘭教会。 13:30開演。 

 12月12日(木)、北竜町公民館。教育委員会主催。チェロ演奏と講演。 10:00開演。 

 12月31日(火)、札幌市中央区・CAFE LAKURA  第3回・ジルベスター コンサート。
 除夜の鐘をバックに流れる美しいチェロの音色・・・
 ベートーベンの名曲、「月光の曲」を聴きながら、静かに新しい年を迎えよう! 
(ディナー付きコンサート 20:00開演。)
 

2014年2月16日(日)、帯広音楽鑑賞協会。 チェロ・コンサート。 14:00開演。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。
 (2月分のみ3月7日に)
 
 今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。


<幻のオムライス>

2013年04月20日

練習・本番、練習・本番、・・練習・練習・練習・本番・・それにチェロの運搬・・・

疲労が蓄積して、練習日なのにチェロを見るのもいやな時があります。

肩は凝り・・いえ、凝りを通り越して、時に、なんとも言えない鈍い不快な痛みも・・・
背中の筋肉はパリパリに張り、腰が痛むことも・・僕に湿布は欠かせません。

おかげさまで・・と言っては変ですが、湿布の貼り方は、ずいぶんうまくなりました。

僕のチェロはケースに入れた状態で8kgあり、
(現在使っている、被災地から譲り受けたチェロはもう少し重いです。)
ベルトを付けたケースを肩にかけて運搬するのも肩凝りの原因なのでしょう。

こんな時は、天気がよければ、チェロを忘れて外の空気を思いっきり吸い、
のんびり気の向くまま歩くのが一番のようです。

練習しないことでうしろめたい気持ちになり、不安になりながらも、
好天のある日、一人で円山動物園に行きました。

4月19日に投稿した、「よい子の話」のトロトロ・チキン・オムライス・・・
よい子たちがあれほど食べたかったのだから、よほどおいしかったのでしょう。

青空なのに、みぞれが降ったりやんだりの寒い中、
屋台のオムライス屋さんをさがしましたがどこにもいません。

3軒あるレストランのショーウインドーに出ているメニューを、くまなくみましたが、
オムライスはありません。 やむなく、缶ビールと山菜ソバを食べて帰りました。

数日後、「よい子」に聞くと、屋台のオムライス屋さんは、
土曜日と日曜日にしか屋台を出さないのだそうです。 
今度また、練習をさぼって週末に行ってみようかな・・・


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

10月26日(土)、室蘭教会。13:30開演が、新たに決まりました。

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日に第1回報告以後、毎月下旬にご報告しています。
(2月分は3月7日に)

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30、4・11のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


<よい子のお話・第3話>

2013年04月19日

& クロム(右)とウジョウ。

小学校6年生の坂口蔵武(クロム)君と、4年生の(ウジョウ)君は大の仲良し兄弟・・・

お母さんは札幌市中央区でカフェと洋服屋さんを経営し、ピアノ伴奏活動もしているので、
いつも大忙し・・学校が休みの日でも、なかなか子どもたちと遊んであげられません。

ある日曜日、クロムとウジョウは、二人で円山動物園に行きました。

小中学生は入園料が無料なので、
お母さんは地下鉄代 往復400円と、オヤツ代に400円、計800円を持たせました。

園内でオヤツは何を買って食べようか・・と二人が相談していると、
目にとまったのは、屋台のオムライス屋さん・・・

トロトロ・チキン・オムライス・・それが、うまそうで、うまそうでたまりません。
おじさんに値段を聞くと、600円・・・
お金は、地下鉄片道分を使ったので600円しかありません。

一つは買える・・でも、帰りの地下鉄代がなくなる・・どうしても食べたい・・・
二人の相談は、すぐまとまりました。 帰りは家まで歩いて帰ろう・・・ 
そうすれば一つなら買える・・一つ買って半分ずつ食べよう・・・

帰りの地下鉄代をはたいて買ったオムライス・・・二人は仲良く半分ずつ食べました。

そして、帰りは家まで歩いて帰りました。

その夜、そのことをお母さんに嬉しそうに話した二人のよい子・・・

お母さんは、わが子のいじらしさに、胸にこみあげるものを感じながら、

「ごめんね。お金を少ししかあげなくて・・・」

「いいよ。半分ずつ食べられたから・・・」

「今度、お店でたくさん売れたら、オムライス二人分買えるお金を持たせてあげるからね。」

「うん、ありがとう。ママ、お仕事頑張ってね。」

ほのぼのと心温まる家族愛・・「よい子のお話、第3話」でした。

& 「よい子のお話は、2月5日(第1話)と、25日(第2話)にお伝えしています。」


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

7月27日(土)、北広島市 黒い森美術館(再演)。 
開演時間11:00と14:00が新たに決まりました。

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 4月16日の通帳記帳で、ハヤシケイコさんから、¥2,000~・・・
4月17日、劇団札幌座のパーティで、¥3,890~の寄付を、
「じいたん子ども基金」に、お預かりしました。

● 基金の残高は、¥720,928~(4月17日現在)+
¥5,890~(ハヤシ ケイコさんからと、札幌座パーティでの寄付)=
【¥726,818~】になりました。 ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回)以後、毎月下旬にご報告しています。
(2月分は3月7日に)

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30、4・11のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災チャリティ・コンサート (143) <チャリティ・コンサートに落語が登場 >

2013年04月17日


第143回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、
4月14日(日)の16:00から、札幌市中央区にある、
「はっちゃんの店」でおなじみのカフェ、「LAKURA」で行われました。(9回目)

コンサートと言っても、今回は林家三平師匠の最後の弟子、
林家とんでん平 師匠が初登場し、前半落語、後半チェロの2本立て公演に・・・

食卓用のテーブルの上に赤い布を敷き、さらに赤がまざった金色の座布団を・・・
そこが師匠の高座となりました。 

& おちゃめな、はっちゃん、前座でお笑いを一席??? イヒッ! 

師匠の大熱演は、1時間15分にも・・とにかく面白い・オモシロイ・・・
面白くて、可笑しいだけでなく、ためにもなる話・・・
僕は自分の演奏がそのあとにあることも忘れて、笑いころげてしまいました。

終演予定時間は大幅に遅れてディナー・パーティになりましたが、
お帰りになるお客さんはひとりもおらず、30名全員が出席してくださいました。

入場者・30名。(子ども3名を含む) 
義援金額・¥30,000~は、「じいたん子ども基金」に。

「じいたん子ども基金」の現在の残高は、¥690,928~(4月14日投稿までの残高)+
¥30,000~(14日チャリティの募金額)=【¥720,928~】になりました。

また、お客さんの中のお一人から、活動費に、¥1,500~を、お預かりしました。
ご厚情ありがとうございました。

● 活動費につきましては、ご支援いただいた都度、金額をブログでご報告していますが、
支出についてはご報告しておりません。

しかし、基金の会計担当の鳥居はゆきさんが、
ノートを購入して支出分の領収書を貼付し、収支を明確にしておりますので、
活動費をご支援下さった方には、いつでもご覧いただけるようになっています。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。
 

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回)以後、毎月下旬にご報告しています。
(2月分のみ3月7日に)

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30、4・11のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


東日本大震災チャリティ・コンサート (142) <牛舎を改造したホールでコンサート>

2013年04月15日


142回目の東日本大震災チャリティ・コンサートは、4月13日(土)の15:00から、
「千歳あぷかの森 ギャラリー・ラボ」で行われました。

このコンサートは、僕のチャリティ活動の支援者のお一人、
湯峯和幸さんのお力添えで実現しました。

未だ先が見えぬ被災地の復興・・仮設住宅で暮らす多くの人々・・・
新年度になり、初のチャリティに新たな気持ちでコンサートに臨みました。

JR千歳駅から約20km・・道路の両側は、田んぼと森があるだけの田園風景・・・
交通機関はタクシーしかありません。

道路脇には、照れくさいような、こんな大看板も・・・

& 自然が好きなピアニスト・はっちゃん(鳥居はゆきさん)は、ご機嫌そのもの。

到着すると、ビールと小樽ワインに、ご馳走が待っていました。
ハスカップ寿司、鹿肉のシャブシャブ、イカの肉ダンゴ、
もぎたて・揚げたて・・ふきのとうの天ぷら・・・

誘惑に負け、リハーサルそっちのけでグイグイ・パクパク・・・

コンサート会場となったのは牛舎・・離農農家から牛舎の骨組みを買い取って、
改造したものだそうです。 その裏には池があり、ニジマス、鯉、フナが・・・

周囲の土地20ヘクタールは、湯峯和幸さんの土地・・・

じゃがいもなどを育て、子どもを呼んで、いもほりなどを体験させているそう。
いいことやっているなぁ、湯峯さん・・・

招かれざる客も・・エゾ鹿です。 ここでもこれは悩みの種なのでしょう。

この日の入場者43名。 義援金額・¥42,369~は、「じいたん子ども基金に」


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

基金の残高は、¥648,599~(4月11日投稿までの残高)+
¥42,369~(今回の募金)=【¥690,928~】になりました。 

ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日、3月7日、 3月31日、のブログで、
お知らせしています。

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30、4・11のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


<ついつい贅沢を>

2013年04月13日

久しぶりに横浜に住んでいる孫と遊んだ4月初旬・・・

ここは2009年3月31日に、
「神奈川県 公共的施設における受動喫煙防止条例 (禁煙条例ともいう)」が公布され、
翌4月1日に施行されました。

神奈川県では、公共の施設、飲食店などが分煙または全面禁煙です。

たばこが大の苦手な僕には、嫌な思いをしないで食事が楽しめます。

しかし、札幌に帰って地下街を歩いていると、
「全席喫煙OK」のカンバンが店のドアに貼ってある喫茶店がありました。

365日、酒を飲まない日がないくらい酒好きの僕は、
居酒屋で一杯やるのが楽しみの一つ・・しかし、どの居酒屋もたばこの煙が店内に・・・

全席禁煙のイタリアンでワインを・・が、多くなりました。
あるコンサートの終演後に飛び込んだイタリアンの店・・・
パスタ欄に目をやるとパッと目に飛び込んできたのが、「オマール海老のテスカトーラ」 ・・・

オマール海老は、海老類の中で最大級の大きさで、西洋料理では高級食材だそう・・・
体長が50cmにもなるドデカイのもいるそうですが、
そんな怪物みたいのは見たことがありません。

アメリカン・ロブスターは、体長120cmに達するものが漁獲されることもあるそうですが、
そんなバカデッカイの食えるのか?・・こっちが食われてしまいそう・・・

そしてコイツらは長寿なんだって・・推定年齢100才ぐらいのものも発見されたり・・・

2009年1月には、ニューヨークでレストランを営む男が、
入手した体重9kgのロブスターを海に返したそうです。

あぁ、もったいない・・その男、ロブスターの年齢は体重から概算出来るとしており、
それによると、そのロブスターは140才と推定されるという・・・

さて、オマール海老の料理・・トマトソース・スパゲッティで、オマール海老のほか、
小海老、イカ、アサリ、ホタテ・・オマール海老の肉は白く、タラバガニに似た味です。

居酒屋に入れないばっかりに、ついついこんな贅沢を・・・


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

● 予定されていた4月28日の苫小牧駅前デパート、「えがお」のチャリティ・コンサートは、
主催者の都合により延期になりました。

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

● 4月10日、CAFE LAKURAに飲みに来ていた木村さんから、
活動費として、¥2,000をお預かりしました。 ありがとうございました。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日、3月7日、 3月31日、のブログで、
お知らせしています。

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30、4・11のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。

<喜びのよい子たち 郡山・こばと保育園>

2013年04月11日


放射能被害に苦しむ福島県の人々・・・
先日、郡山の「こばと保育園」の子どもたちに、皆様からお預かりしたお金で
ピアニカ8台を贈ったところ、園の代表者と、幼い子どもたちから喜びの便りが届きました。

・・前略・・「今回ご支援頂きましたピアニカですが、4月5日に本園に届けられましたことを、
ここに、ご報告申し上げます。」

「震災・原発事故から早くも2年が過ぎ、特に福島県は原発事故の影響が大きく、
未だ、事故以前の環境を取り戻すことが出来ずにいる家族が数多く、
日本、又、世界各地へと離散している状況です。」

「そんな中でも、子どもたちは日々笑顔を絶やさずに元気いっぱい、
私たちに明るさと勇気を与えてくれています。」

「反面、言葉では、<原発・放射能・地震> 動作では、
<落ち着きがなくなり奇声を発する> など、
この問題は知らず知らずのうちに、一人ひとりの子どもたちの奥底へと
刻み込まれていっているのではないかと危惧しております。」

「そんな中、今回のお話を頂き、また、こんなに早く、
ご支援が私どもに届けられましたことは、正直驚きと感謝の念に堪えません。」

「土田様をはじめ、<じいたん子ども基金>へご賛同戴いた皆様、
そして、橋渡しをされた関係者の皆々様のご厚情に心より感謝申し上げます。」

「この度の震災・原発事故を経て、
多くの人が人間同士の絆をみつめ直すことになりました。」

「誰かと繋がって生きていくことの大切さ、ありがたさをこれからも、
子どもたちへ伝えていきたいと思います。」

「まずは、取り急ぎ略儀ながら書面にて失礼とは存じますが、お礼申し上げます。」

追伸 「子どもたちのお礼も一緒に同封致しました。
今、私たちに出来る精一杯の感謝の気持ちです。
何卒、ご理解賜りますよう切にお願い申し上げます。」

& 郡山市、こばと保育園代表の、安瀬(あんぜ) 清さんからのお手紙をご紹介しました。

支援者の皆様のお志は、このように被災地に届いています。

● 4月8日、ササガワ マキさんから、¥10,000~
4月8日、マツオ ケンジロウさんから、¥5,000~の寄付を、
「じいたん子ども基金」にお預かりしました。

基金の現在残高は、¥633,559~(4月9日までの残高)+
¥15,000~(ササガワさんと、マツオさんから4月8日に寄付・・記帳が遅れました)=
【¥648、599~】になりました。 ご厚情ありがとうございました。


<東日本大震災 秘話>

2013年04月09日

2011年3月11日、東日本大震災が起きた時、僕は札幌市の中島公園の向かいにある、
劇団札幌座(当時TPS)の地下の劇場、「シアターZOO」で、芝居の稽古をやっていました。

気味悪い揺れを感じ、「生き埋めになるぞ!上に逃げよう。」

役者一同、階段をかけ上がり、僕もチェロをほっぽらかして役者達のあとに続きました。

その夜は、斎藤 歩作 、「秋のソナチネ」の公演が・・・

横浜に住み、世界の空を飛ぶのが仕事の愛娘が、父親の役者ぶりを観たいと、
海外でのフライトを終え、成田空港到着後、家に帰らずそのまま札幌へ・・・

便は、成田発14:45札幌行き・・出発待機中に地震が・・・

機長は、管制官の許可(指示)があって飛行機を飛ばします。
しかし、管制塔が激しく揺れ、管制官は怖くなって逃げてしまいました。

機長は管制官の許可を待ち続け、その間乗客は空港内の混乱と、
空港周辺の交通機関がマヒ状態だったため、機内に缶詰状態に・・・

飛行機が出発したのは18:00、新千歳空港到着は19:30・・・

それから劇場に向かっても、芝居は終わっています。

オヤジの芝居を観るためにその飛行機に乗ったのに・・・
やむなく娘は千歳のホテルに泊まり、翌朝横浜の自宅に帰りました。

骨折り損のくたびれもうけ・・なんて言ってはいけません。

オヤジのなれない舞台が心配だったのでしょう。
長時間のフライトで、疲れきっていたはず・・・
なのに家に帰らず、海外から札幌へ直行してくれた娘・・父を思う娘の心・・・

じ~ん・・と、心に響きますなぁ~


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

● 9月16日(月・祝)、札幌市 生活支援ハウス 静樹苑。 開演時間未定。
● 9月28日(土)、札幌市 おうちカフェ メイニーズ。 開演時間未定。

上記の2公演が新たに決まりました。

今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 4月5日、木村 美穂さんから、
¥5,000~の寄付を「じいたん子ども基金」にお預かりしました。

現在の残高は、¥628,559~(4月4日までの残高)+
¥5,000~=¥633,559~になりました。 ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日、3月7日、
3月31日のブログでお知らせしています。

基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


<東日本大震災チャリティ CDの売上金について お客さんから質問が・・・>

2013年04月07日

「CDの収益に関することで、CD購入をいただいた方からご質問がありました。」

【昨年の写真展コンサートでは、CD1枚につき1,000円が十彩緑の会を通じて、
復興支援に寄付されたが、今回はどの様に使われているのか?】

「との内容です。宜しければ、用途目的など、教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願いします。」

上記は、3月17日に行われた139回目のチャリティ・コンサートの主催者、
「十彩緑の会」の会長、根木希枝子さんから先日いただいたメールです。

チャリティ・コンサートでのCD販売に関しましては、
これまで道新ブログや、コンサート会場で、お伝えして参りましたが・・・

僕がやっているチャリティ・コンサートは、ギャラは全額辞退し、
交通費、宿泊費は、ピアノ伴奏者の分も含めて自己負担しています。

阪神大震災のチャリティ・コンサートの時もそうでしたし、10年ほど前から、
毎年出演させていただいている、骨髄バンク協会札幌支部のチャリティでも同様です。

当然、活動費は自分で捻出しなければなりません。 主催者のお許しを得た上で、
コンサート会場にCDを持参し、お客さんに事情をざっくばらんに話し、
CDの購入のご協力をお願いしてきました。
お買い上げいただけたら1枚につき千円を募金し、
その残りを活動費と、CDの制作費に充てていました。

1枚につき千円の募金が無理なことは百も承知の上・・そのぐらいの熱意を示さなければ、
主催者にも、お客さんにも協力が得られないと思ったのです。

そうして、およそ2年・・活動費は火の車・・道新ブログに記載してある、
第1回チャリティからの開催地や、コンサートの回数、大震災で校舎が全壊し、
プレハブの仮設校舎で勉強する、被災地の小中学生のためのコンサート、
仮設住宅の集会所に、そこにお住まいになっている方を集めて開くコンサート・・・

活動費が必要なのはあえて説明しなくても、どなたにでもお分かりいただけると思います。

お金が足りない・・・
今年2月のチャリティから、CD1枚につき千円の寄付は止めざるを得なくなりました。

このことは、道新ブログに数回記載しましたし、
主催者にもコンサートの都度苦しい事情をお話してご理解をいただいたつもりでいました。 
しかし今回のような質問があると、皆様にお伝えする努力がまだたりないのでしょうか・・・

今後は、コンサートの度にお客さんにも主催者にも繰り返し、繰り返し説明をし、
ご理解・ご協力をお願いし続けなければいけないのかな・・と思案しています。

復興への道は遠し・・・

どうかご理解の上、今後ともご支援をよろしくお願い致します。

<壮瞥町の白衣の天使>

2013年04月05日

幼い2児の母・・仕事は、洞爺病院で働 く看護師・・・

演劇を愛し、音楽を愛し、自らもピアノ を弾く レディはピアニスト・伊藤珠貴さんに師事し、
現在、ショパンのノクターン2番をレッスン中と聞いています。

その名は、傳法(デンポウ)有香さん!

僕が出演させていただいた2月の札幌座公演、「春のノクターン・菖蒲池の団欒」・・・
13回の公演中、お住まいになっている壮瞥町から、劇場に数回観劇に現れ、
「打ち上げの時に、みんなで一緒に飲んで食べましょ。」
毎回、米10kgをかつぎ、酒もぶらさげてきてくれます。

この女性一人のおかげで、役者連中がどれほど励まされているか・・・
それはそれは、大変なもんです。

3月9日に伊達紋別で行われた、東日本大震災チャリティ・コンサートの時は、
2人のかわいいチビちゃんを連れて来て、最前列の席でチェロの音色を楽しんでいました。
そして、終演後には募金をしてくだった上、CDも購入し、さらに活動費を・・・

さらに4月3日には、有香さんから基金の口座に、¥5,000が・・・

ありがとう、ありがとう、ありがとう!

「6月2日の蘭越町・パームホールでのチャリティには来てくださるんでしたよね。」
「音楽を楽しんだあとは、ホールに隣接したパーティ会場で飲みましょう。」
「ヘベレケにならなかったら、2次会は宿泊先の温泉ホテルでね。」

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、4月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 4月3日、デンポウ ユカさんから、¥5,000~
● 4月4日、紋別混声合唱団から、¥21,864~を、
「じいたん子ども基金」にお預かりしました。 

¥602,430~(3月31日までの残高)-¥735~
(郡山の楽器屋さんへ、ピアニカ8台分の振込み手数料)=¥601,695~

¥26,864~(デンポウ ユカさんと、紋別混声合唱団から口座へ振り込み)+
¥601,695~(4月2日までの残高)=628,559~

現在の残高は、【¥628,559~】になりました。 ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日、3月7日、
3月31日のブログでお知らせしています。
基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。

<ドラえもんは楽し!>

2013年04月03日


国際線、国内線、両方の客室乗務員として空を飛ぶ娘・・・

孫の顔が見たくても、娘とスケジュールを合わせることがなかなか出来ず、
ここ1年ぐらいは、メールや電話でやりとりをするだけでした。

チャンス到来! エィプリル・フールに娘が住む横浜へ・・・

到着した翌日、「横浜みなとみらい」にある映画館、「109 CINEMAS」へ行きました。
札幌駅のJRタワーにある劇場街に似た、「みなとみらい 109 CINEMAS」・・・

孫たちが観たいのは、「ドラえもん ひみつ道具博物館」・・・
孫にはかないません。 じいたんも、ドラえもんにお付き合い・・・

ある日、どらやきを食べ過ぎて眠くなり、押入れの中で昼寝をしていたドラえもん・・・
首にかけていた大事な大事な鈴を盗まれてしまいました。

のび太くんが「シャーロック・ホームズセット」で推理すると、
犯人はどうやら、「怪盗DX(デラックス)」・・・

別の手がかりレンズに映ったのは、22世紀にある「ひみつ道具ミュージアム」・・・
そこへ行けば何かがわかるかもしれない・・行ってみよう・・・
しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫も一緒に・・・

あとは観てのお楽しみ!

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日、3月7日、
3月31日のブログでお知らせしています。
基金の使い道関連は、12・18、 1・22、 3・3、 3・30のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


<今後のコンサート・スケジュール>

2013年04月01日


【今後のコンサート・スケジュール・・・】

● 印は、東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

● <142> 4月13日(土)、千歳市・あぷかの森、ギャラリー・ラボ。 15:00開演。

● <143> 4月14日(日)、札幌市中央区・CAFE LAKURA (8回目) 16:00開演。

 4月17日(水)、札幌市中央区、シアターZOO。札幌座サロンの会で演奏。19:00開演。  

● <144> 4月20日(土)、北広島市・茶房まつ風。(再演)15:00開演。

● <145> 4月21日(日)、札幌市厚別区・月や。 15:00開演。

● <146> 4月25日(木)、栗山町・カフェ ふあり。 14:00開演。
 
● <147> 5月5日(日)、 札幌市豊平区・
  マンション コスモビュー 豊平橋エントランス。 14:00開演。

● <148> 5月11日(土)、札幌市厚別区・カフェ こだまの森。(再々演) 13:30開演。

● <149> 5月18日(土)、札幌市手稲区・カフェ じょじょ。(再々演) 15:30開演。

  5月24日(木)、新ひだか町公民館 大会議室。チェロ・コンサート。 18:30開演。

● <150> 5月30日(木)、札幌市 サウンドホール・心音(ココロン 再演) 14:00開演。

● <151> 6月2日(日)、蘭越町パームホール。(4回目) 14:00開演。

  6月15日(土)、洞爺湖芸術館。 チェロ・コンサート。 開演時間未定。

● <152> 6月22日(土)、函館市 遺愛学院講堂。 14:00開演。

  6月29日(土)、夕張郡 由仁寺。 チェロ・コンサート。 15:00開演。

7月6日(土)、帯広 北のハウス。 チェロ・コンサート。 14:00開演と夕方から2公演。

● <153・154> 7月27日(土)、 北広島市 カフェ まつ風。(再演)。
  11:00と14:00開演。

● <155> 8月11日(日)、紋別市 市民会館小ホール。(再々演) 14:00開演。

● <156> 9月6日(金)、札幌市中央区・CAFE LAKURA (9回目) 18:30開演。

 9月8日(日)、北海道難病センター。 チェロ・コンサート。 13:00開演。

● <157> 9月16日(月・祝)、札幌市生活支援ハウス 静樹苑。 開演時間未定。

● <158> 9月28日(土)、札幌市 おうちカフェ メイニーズ。 開演時間未定。

● <159> 10月5日(土)、北広島市 カフェ まつ風。(3回目) 15:00開演。 

 10月19日(土)、江別市コミニュテイ・センター。 朗読とチェロ。開演時間未定。

● <160> (土)、室蘭市 室蘭教会。 13:30開演。 

 12月12日(木)、北竜町公民館。教育委員会主催。チェロ演奏と講演。 10:00開演。 

 12月31日(火)、札幌市中央区・CAFE LAKURA  第3回・ジルベスター コンサート。
 除夜の鐘をバックに流れる美しいチェロの音色・・・
 ベートーベンの名曲、「月光の曲」を聴きながら、静かに新しい年を迎えよう! 
(ディナー付きコンサート 20:00開演。)
 

2014年2月16日(日)、帯広音楽鑑賞協会。 チェロ・コンサート。 14:00開演。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、毎月下旬にご報告しています。

 ご支援、よろしくお願い申し上げます。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック