« <続・じいたん子ども基金の使い道に 怒りの声> | メイン | <震災は繰り返しやって来る> »

<天使の贈り物>

2013年03月11日

・・前略・・チャリティ・コンサートを継続していることに、
あらためて感動と感謝の気持ちがこみあげます。

去年の暮れから募金をしたいな・・と思い、でも、じいたん基金に して しまうより、
英順さん、はっちゃんの活動費に使ってもらった方がいいのかな・・と思っている所に、
ブログで活動費の危機(大げさかい?)を知り、
やっぱりこれは、じいたん基金とは別に受け取ってもらいたいと思いました。

・・中略・・

今回の募金は、私が1年間、町の仕事をしていただいた報酬です。・・中略・・

袋を開けてしまうと、飲み食いに使ってしまうので、毎年、袋のままためておいて、
応援したいところに寄付しています。去年は福島キッズに使ったり・・・

・・中略・・

日々の雑多に紛れて、東北の人達のことを忘れそうになったり します。
なので、英順さんのように、心から被災された人達のことを思って、
地道に演奏活動を続けてくれているのは、私の心の支えでもあります。

あえて、袋のまま送りま~す。・・中略・・

そして、名前の公開などはしないで下さいね。

今年も、素敵なチェロの音色と、
優しいピアノのハーモニーが聴けるといいなと思っています。

・・・天使から送られて来た10数袋の中には、合わせて8万1千200円が入っていました。

天使さん、ありがとう。活動費支援は、被災者支援につながります。これからも頑張るよ!


PS・・今後のコンサート・スケジュールは、2月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日、1月31日、3月7日のブログでお知らせしています。
  基金の使い道関連は、12・18、1・22、3・3、のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20233

コメント

本当に気持ちだけでは前に進まないんです。ただ寄付した。ではなく寄付をした後の大変さもあると思います。
こうして英順さんやはゆきさんが活動していることへ賛同してどんどん活動費が増えますように。
私もがんばりますので、どうか体調に気をつけて素晴らしい音楽をつづけてください!

yuka さん、コメントありがとう。
先日の伊達のコンサートの時にも、活動費ご支援をいただき、ありがとう。
長い間、皆さんに助けられてきたからこそ、演奏活動を続けてくることが出来たのに、このトシになっても、まだ助けられている・・・
ありがたいやら、申し訳ないやら・・・僕は、宇宙一の幸せ者・・・皆さんには、ありがとうを、100万回言っても言い足りない気持ちです。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック