« <チャリティ活動を通じて感じる 人の情け> | メイン | 東日本大震災チャリティ・コンサート(136) <もみじの森小学校> »

<ちょっと お待ち下さい>

2013年02月28日

皆様には毎月末に、「じいたん子ども基金」の収支詳細のご報告をするとお約束しました。

今日、2月28日はその日です。 でも、ちょっとお待ち下さい。

実は、「じいたん子ども基金」の使い道、第2弾が、ほぼ決まりました。

支援の要請は、大船渡市と、陸前高田市の6校からあり、
その中から、全壊した大船渡市の小学校など4校に支援を決めました。

要請の中には、災害が起きた時、避難した子どもたちが避難先で必要な、
保存食(非常食)の要請がありました。

保存食は、災害が起きる前に準備すべきものだと思いますが、
コツコツ集めた募金から送るべきなのか、
地元の自治体または、子どもの親が負担すべきものなのか考えさせられました。

被災者にはきびしいでしょうが、
少しずつでもよい・・自立してほしいという願いもありました。

6校の要請をまとめて伝えてくれたのは、「じいたん子ども基金」の使い道、
第1弾となった、大船渡市立、赤碕中学校の菊池 寛先生・・・

大船渡の業者から見積書がこちらに届き、金額の確認が出来次第、
菊地先生を通して業者に発注していただきます。

「使い道第2弾」の内容と、「収支詳細」は、
数日後、2日続けてご報告させていただきますので、
ご了解下さいますよう、お願い致します。


PS・・今後のコンサート・スケジュールは、2月22日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、
2012年12月10日、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 2月27日、デンポウ ユカさんから、¥5,000~の寄付をお預かりしました。
「じいたん子ども基金」の残高は、¥1,022,685~になりました。
ご厚情ありがとうございました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日と、1月31日のブログでお知らせしています。
  基金の使い道関連は、1月22日のブログをどうぞ!

● ご支援、よろしくお願い申し上げます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/20185

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック