« <76歳の誕生パーティ> | メイン | <続々・76歳の誕生パーティ> »

<続・76歳の誕生パーティ>

2013年01月27日


又の名を「21世紀のチャップリン」ともいう天才芸術家、斉藤 歩さんは少々遅れて登場・・・

そりゃ遅れるわ・・その日の午前中は、伊豆で映画のロケーション・・・
そのあと、車をふっ飛ばして二子玉川の自宅に車を置くと羽田空港へ・・・

新千歳空港到着後、パーティ会場のCAFE LAKURAへ直行かと思いきや、さにあらず・・・
まずは劇団・札幌座の稽古場へ・・・
稽古を終えてから、役者5人を引き連れて宴会場に登場した次第・・・

この男、アメリカの大統領より忙しそう・・・

& 歩さんからは、日本酒のプレゼント。 真ん中のおちょっかい男は、竹内宏幸さん。

飲んで食って、しゃべっているだけではないこの男・・・

立ったままで、霜降り肉のスキヤキ鍋に、次々高級食材を手際よく入れ、
いいあんばいに仕上げると、1人ひとりの器にとり、手渡してくれます。

パーティの最後まで残ったのは、この化け物のような疲労知らずと、オレ・・・

こんなに忙しい男なのに、老体を祝ってくれるお気持ちが、なんとも嬉しい限りでした。

まだ続きますぞ!


PS・・今後の公演スケジュールは、1月16日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、2012年12月10日に、
  「じいたん子ども基金」をに開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日のブログでお知らせしています。

ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19910

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック