« 東日本大震災チャリティ・コンサート (134) <大震災の紙芝居 再登場> | メイン | <76歳の誕生パーティ> »

<演劇はいかが? 札幌演劇シーズン開幕>

2013年01月25日


札幌演劇シーズンが1月19日に開幕しました。

開幕に先立ち、1月14日の午後、
札幌駅至近の地下歩道空間で記者発表が行われました。

寒い寒い・・地下と言ってもここは屋外と、たいして変わらぬ寒さ・・・
コートを脱いでステージに上がる司会者、挨拶する演劇関係者、そして役者たち・・・
礼儀正しい立派なマナー・・ですが、ちょっと待って・・・

凍てつく北国の屋外のような寒さのステージなら、コート着用は許されるのでは?
役者がこれで風邪をひき、舞台で声が出なくなるような事態が起きたら大変です。

僕は骨と皮ばかりの老体・・失礼してコートを着たままステージに上がりました。

さて、札幌演劇シーズンとは?

「欧米ではどの街にも図書館があるように劇場が存在し、そこに所属するプロの劇団が、
蓄えてきたレパートリーを長期間にわたり再演し続ける《演劇シーズン》があります。(中略)
そんな劇場文化を札幌にも根付かせたいと考え、《札幌演劇シーズン》を開催します。」
(札幌演劇シーズンのパンフレットより引用)

《札幌演劇シーズン・2013・冬》では、
札幌で生まれた5つの名作が1ヶ月間、毎日上演されます。

劇団イナダ組、【ライナス】   会場 コンカリーニョ 011ー615ー4859
劇団千年王国、【狼王ロボ】  会場 サンピアザ劇場 090ー6213ー6181 
YHS、【ヘリクツイレブン】    会場 コンカリーニョ 011ー615ー4859
札幌座、【冬のバイエル】と、【春のノクターン・菖蒲池の団欒】
会場 シアターZOO 011ー520ー0710

僕は、この【春のノクターン・菖蒲池の団欒】に、「風のように適当な男」の役で出演します。

チェロも弾きますぞ! ぜひ劇場でお会いしましょう。 


PS・・今後の公演スケジュールは、1月16日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、「じいたん子ども基金」を、12月10日に開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順
● 基金の収支詳細は、12月31日のブログでお知らせしています。
 
 ご支援、よろしくお願い申し上げます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19941

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック