« 小沢征爾さんの思い出 (3) <無礼極まるカメラマンに激怒> | メイン | 小沢征爾さんの思い出 (5) <ニューヨーク・フィルと日本フィルの親善試合 シャープなバッティングの小沢さん> »

小沢征爾さんの思い出 (4) <切り替えの早さ 集中力の凄さに驚き>

2013年01月11日

無礼なカメラマンに猛獣のように襲いかかってカメラを奪い、
フィルムを抜き取ってしまった小沢さん・・・

この事件は、小沢さんが婚約中だった女性と一緒に楽屋にいることを、
週刊誌の記者に嗅ぎつけられ、狙われたのかも知れません。

終演後、渋谷の「ひな春」というチキン料理が主な居酒屋で一杯やっていると、
日本フィルの事務局長から店に電話があり、
「これからそっちへ行くから、先程の件をくわしく聞かせてくれ」・・とのことでした。

僕はありのまま事務局長に話しましたが、日本フィル側から抗議しようにも、
相手は誰なのか、
週刊誌の記者なら、どこの社なのかわからないので、抗議のしようがありません。

相手にすれば、いきなりプライベートな部屋に無断で侵入し、
シャッターを切るという無礼極まる行動をとったとしても、カメラを奪われ、壊され、
フィルムを抜き取られたことに対して、抗議したいかも知れません。

事務局長の僕に対する事情聴取は、相手の出方はわからないけれど、
何か問題になった時の備えだったのでしょう。

それにしても、すごい・・トラブルがあった30分後には、
彼の指揮棒から流れる美しいモーツァルトのシンフォニー・・・

気分転換の早さ・・どんな状況でも集中しなければならない時に、集中出来る能力・・・

「すごい奴だなぁ~」・・僕は彼に対して、あらためて尊敬の念を強く持つようになりました。

つづく。


PS・・今後の公演スケジュールは、1月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
  口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日のブログでお知らせしています。

  ご支援、よろしくお願い申し上げます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19876

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック