« 小沢征爾さんの思い出 (8) <偉大な指揮者の中に キラ星のような小沢さん> | メイン | 小沢征爾さんの思い出 (10) <泣き崩れたソプラノ歌手> »

小沢征爾さんの思い出 (9) <ありがたかった レコーディングのエキストラ マネー>

2013年01月16日

僕がボストン響に在籍中、小沢征爾さんは客演指揮者の1人として、颯爽と登場しました。

1969年、ボストンに乗り込んで来た小沢さんは2週間滞在し、8回のリハーサル、
2種類のプログラムで8回のコンサート、2回のレコーディングを行いました。

プログラムの1つは、武満徹:「ノベンバー・ステップス」、ウォルフ:「カルミナ・ブラーナ」・・・

もう1つは、オール・ストラビンスキー・プロで、

「ペトルーシュカ」、「ヴァイオリン・コンチェルト」、
(ソロは、コンサート・マスターの、ヨゼフ・シルバースタイン)3曲目は、「火の鳥」でした。

レコーディングは、「ノベンバー・ステップス」と「ヴァィオリン・コンチェルト」以外の曲を録音し、
完成したLPレコードは、ドイツ・グラモフォンから世界に向け発売されました。

レコーディングは、シンフォニー・ホールで行うのですが、
コンサートの時のように、ステージ上で演奏するのではなく、
一階の客席を取り払い、その場所で演奏して録音します。 ステージ上で演奏するより、
ホールの残響をうまく利用出来、よい音で収録出来るのだそうです。

レコーディングは、神経がすり減るような緊張が伴うので、僕は好きではありません。
ですが、ボストン響のレコーディングは、日本のオーケストラと違い、
高額のギャラが、給料とは別にレコーディングのギャラとして楽団員に支払われるのです。

僕は、アメリカのミュージシャンズ・ユニオンに加盟していなかったので、
ギャラはもらえないと思っていたのですが、交換楽団員だったので、
ボストン響の正メンバーとしての仕事・・・
と、ユニオンに認められ、ギャラをもらうことが出来、ラッキーでした。

つづく。

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

   4月14日(日)、15:00開演。 チェロ・コンサート。 会場 CAFE LAKURA(8回目)
   9月6日(金)、 18:30開演。 チェロ・コンサート。 会場 CAFE LAKURA(9回目)
   以上2公演が、新たに決まりました。
   

& 今後の公演スケジュール・・・(● 印は、東日本大震災チャリテイ・コンサート)

● <133> 1月19日(土)、札幌市清田区・スープカリー フレイム。 16:00開演。

● <134> 1月20日(日)、札幌市厚別区・道新厚別販売所3Fホール。 
        紙芝居とチェロのコラボ。 14:00開演。
 

1月25日(金)、小樽市花園小学校体育館。 13:30開演。

1月27日(日)~2月1日(金)、劇団札幌座、 《春のノクターン・菖蒲池の団欒》の稽古。

  & 《春のノクターン・菖蒲池の団欒》の1場面。 右は、斉藤 歩さん。
  
  (韓国・ソウル公演より。 バックに韓国語の字幕が出ています。)

  2月2日(土)~2月18日(月)公演。(10日、11日、14日~16日はなし) 
  会場・シアターZOO。 開演時間の問い合わせ 北海道演劇財団 011 520 0710


● <135> 2月20日(水)、札幌市民ホール大ホール。 17:00~17:30。
 (札幌市在宅福祉サービス協会、関係者のみ)

● <136> 2月28日(木)、札幌市もみじの森小学校・2F・夢広場。 18:30開演。

● <137> 3月9日(土)、伊達市・ヌエストラ カサ。 14:00開演。

● <138> 3月14日(木)、札幌市中央区・カフェ・クレタ。(再々演) 18:00開演。

● <139> 3月17日(日)、札幌市厚別区・新札幌ギャラリー。(再々演) 18:30開演。

● <140> 3月20日(水・祝)、札幌市中央区・北光教会。 13:30開演。

● <141> 3月22日(金)、札幌市・札大リンデン ホール。 18:30開演。

  3月26日(火)、旭川文化会館小ホール。 人形劇の中で演奏。 14:00頃演奏。

● <142> 4月13日(土)、千歳市・あぷかの森、ギャラリー・ラボ。 15:00開演。

● <143> 4月14日(日)、札幌市中央区 CAFE LAKURA。(8回目) 15:00開演。

● <144> 4月20日(土)、北広島市・茶房まつ風。(再演)15:00開演。

● <145> 4月21日(日)、札幌市厚別区・月や。 15:00開演。

  6月15日(土)、洞爺湖町。 開演時間未定。

  6月29日(土)、由仁町のお寺。 開演時間未定。

● <146> 9月6日(金)、札幌市中央区 CAFE LAKURA。(9回目) 18:30開演。
 

 10月19日(土)、江別市コミニュテイ・センター。 朗読とチェロ。開演時間未定。

 12月31日(火)、札幌市中央区 CAFE LAKURA。
 ジルベスター・コンサート。 (ディナー付きコンサート) 20:00開演。
 

& 被災地の子どもたちのために、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 2012年12月のLAKURA・店頭募金と、Tシャツ販売からの募金額、¥1,790~
  ¥504,455(これまでの基金残高)+¥1,790=¥506,245~(現在の基金残高)
  ご厚情ありがとうございました。

● 基金の収支詳細は、12月31日のブログでお知らせしています。

ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19861

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック