« 小沢征爾さんの思い出 (4) <切り替えの早さ 集中力の凄さに驚き> | メイン | 小沢征爾さんの思い出 (6) <草野球のバッター・ボックスに立った 世界のホームラン王> »

小沢征爾さんの思い出 (5) <ニューヨーク・フィルと日本フィルの親善試合 シャープなバッティングの小沢さん>

2013年01月12日

1970年9月・・ 僕はボストン交響楽団と、
ボストン・ポップス・オーケストラでの一年間の演奏活動を終えて帰国し、
日本フィルの首席チェリストに復帰しました。

ちょうどその時、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団が来日していて、
ニューヨーク・フィルと日本フィルは、ソフトボールの親善試合を行いました。

ところはプロ野球セントラル・リーグ、現在ヤクルト・スワローズの本拠地、神宮球場でした。

ニューヨークの監督は、毎年札幌で開催されているPMF音楽祭の創設者としても知られる、
世界の巨匠、マエストロ・レナード・バーンスタイン(故人)・・・

マエストロ・バーンスタインの指揮では、この年の4月にボストン・シンフォニーホールで、
ベートーベンの第9シンフォニーを演奏する機会があったし、7月にはタングルウッドで、
世界各国から集まる学生で編成されるオーケストラ、
BMCO(バークシャー・ミュージック・センター・オーケストラ)で、
ブルックナーの第9シンフォニーを演奏した事があるので、
心に残る思い出の巨匠の一人です。

& タングルウッドの野外コンサート・ホール。 家族で散策・・・

当時、ニューヨーク・フィルの副指揮者だった小沢征爾さんは、
ニューヨーク・フィル・チームの二塁手として出場し、バッティングでは長打を狙わず、
バットを短めに持って鋭く振りぬき、クリーンヒットを連発していました。

日本フィルの監督は山本直純さん。(故人) 

一塁塁審・世界のホームラン王・・・王貞治さん。

三塁塁審・一本足打法で王さんを育てた元巨人軍の荒川コーチ。

主審・早大野球部の名選手として活躍した、荒川コーチの息子さん。

つづく。

PS・・今後の公演スケジュールは、1月1日のブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
  口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日のブログでお知らせしています。

  ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19836

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック