« < CAFE LAKURAのジルベスター・コンサート> | メイン | <久々 チェロを弾く役者> »

<続 CAFE LAKURAのジルベスター・コンサート>

2013年01月03日


ソプラノ歌手、谷地 聡子さんが歌う、オペラのアリア数曲が終わると、

「オレにも弾かせろ!」とばかり、僕は、歌とピアノのお二人の間に割り込んでいきました。

ソプラノ・ピアノ・チェロ・・この編成は、アレンジ作品はあっても、
オリジナル作品には、お目にかっかったことがありません。

3人でやったのは、ビラロボスのブラジル風バッハからアリア・・・めずらしい音楽です。

次に、赤とんぼ、浜辺の歌、雪の降る町を、見上げてごらん 空の星を・・・
歌とピアノの楽譜なのに、僕は強引に割り込んで、バスを弾いたりメロディを弾いたり・・・
パーティならではの楽しさを味わいました。

最後に、店のボス・チンチクリンの、はっちゃん登場・・朝から店の前の雪かき、店の掃除、
この日のパーティ用の食材の買物、調理、接客・・これ、3人ぐらいは必要な仕事・・・
それを1人でやってしまい、ピアノの練習などやっている時間はないはず・・・

でも弾いちゃいました。カッチーニのアヴェマリア、リベル・タンゴ、
そして、新年を迎えるベートーベンの月光の曲・・・
どうなってんの? この人・・化け物みたいな人だな・・・

お客さんの中には林家 三平師匠、最後の弟子、落語家・林家 とんでん平さんのお姿も・・・

チンチクリン・ママのお手伝いで疲れたのか、チビ君たちは途中でダウン・・・

年越しソバは、年越えソバに・・うまくてうまくて・・おかわりしましたが・・・
3杯目は恥ずかしくて厨房で盗み食い・・見つかってカメラにバッチリ・・・

なにはともあれ、楽しく幸せな思いで新年を迎えることが出来ました。

& 左から、とんでん平 師匠、伊藤 珠貴さん、右端は湯峯 和幸さん、
  僕が手をつないでいるのは、化け物チンチクリン・はっちゃんのお嬢さんで、
  中学1年生の知生幸(ちうさ)ちゃん。 その間は、北海道演劇財団の阿部 雅子さん。

  Happy New Year ! 2013!!!

PS・・今後の公演スケジュールは、1月1日に投稿したブログでお知らせしています。

& 被災地の子どもたちのために、「じいたん子ども基金」を開設しました。

北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660 
口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

ご支援、よろしくお願い申し上げます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19798

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック