« 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金 開設】 | メイン | <基金の状況> »

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金 規約】

2012年12月12日

当初、基金は大船渡市で開設するつもりでした。

被災地に住み、被災・復興の状態をくわしく知る人が組織に入り、
その人達のアドバイスを受けながら、基金を運用していくのが、よいと思ったからです。

しかし、その計画は失敗でした。 急遽、開設地を札幌に・・・
事務局長役を、友人の木村孝志さんが快諾してくれたのが、大きな助けになりました。

規約の作成に協力して下さったのは、紋別文化連盟会長の佐藤 章さんと、
鳥居 一頼さん・・はゆきさんのお父さんです。
お二人は、僕に出来ない面倒な事を短時間で作成して下さり、お礼の言葉もありません。


東日本大震災支援 「じいたん子ども基金」 規約

【設置の目的】
第1条  東日本大震災の被災地で生きる子どもたちの教育環境の整備と、
      子どもたちに豊かなふるさとを手渡すために、
      「じいたん子ども基金」(以下基金という)を設置する。
2.児童の教育環境整備事業への助成。
3.地域再生復興に関わる事業活動への助成。

【基金名称】
第2条  この基金は、東日本大震災支援 じいたん子ども基金と称する。

【住  所】
第3条  基金の事務所は、札幌市中央区南4条西9丁目1009-3 Lakura 内に置く。

【組  織】
第4条  基金は、会の目的と活動に賛同する人をもって組織する。
      ただし、会費は徴収しない。

【事務局】
第5条  基金に事務局を置く。
代表    土田 英順  
事務局長 木村 孝志 
会計    鳥居 はゆき

【積み立て】
第6条  基金は、次の収入を積み立てるものとする。
〔1〕  募金、特別寄付金、指定寄付金、一般寄付金
〔2〕  資金造成事業の事業収入及び協賛金

【管 理】
第7条  基金に属する現金は、金融機関への預金により保管しなければならない。

●「じいたん子ども基金」口座
・金融機関名:北洋銀行札幌西支店 普通 5161660
・口  座  名:東日本大震災支援 じいたん子ども基金  代表 土田英順

【報 告】
第8条 基金の積み立て報告書、事業報告書、決算報告書などの決算に関する書類は、
毎事業年度終了後、速やかに代表が作成し、ホームページ等で報告するものとする。

【施行および運用】
第9条 運用は、第1条の目的のために代表の責任において実施するものとする。

付 則 
①  この規約は、平成24年12月1日から施行する。
②  事業初年度は,平成24年12月1日より平成25年3月31日までとする。 
③  2年次以降の事業年度は、4月1日より3月31日までとする。


PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・

1月20日(日)、チェロ・コンサート。 14:00開演。
会場・札幌市厚別区、道新厚別販売所(再演)が、新たに決まりました。

今後のスケジュールは、12月10日に投稿したブログでお知らせしています。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19666

コメント

じいたん子ども基金
開設 なされたんですね。

英順さんが 乗った船に
やっとオールがついた…という所でしょうか。

英順さんが漕ぎ始めた 船。
本当に少しですが船を押させていただきます(#^.^#)

しばらくです。
ブログは、拝見していますよ!

じいたん子ども基金開設ですね(^-^)
いろいろ大変でしたでしょうね!

ほんのすこしでも、協力していきたいです。

KIKI さん、コメントありがとう。
寄付もありがとう。とっても嬉しかったですよ。これからが大変です。皆様からお預かりした貴重な尊いお金・・・何に、いくら使ったか、道新ブログでご報告しますね。

後藤歌子さん、コメントありがとう。
おかげさまで、やっと開設の運びとなりました。被災地の子どもたちが笑顔でいっぱいになるように・・・頑張りますよ。

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック