« <プレハブ校舎の赤碕中学校でコンサート> | メイン | 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金 規約】 »

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金 開設】

2012年12月11日

ようやく、「じいたん子ども基金」が開設の運びとなりました。

昨年3月、大震災発生後18日目に初めてチャリティ・コンサートを行い、
その後も多くの人に支えられ、数多くのチャリティ・コンサートを続けてきました。

皆様からお預かりした義援金は、今年10月に1千万円を越え、
日本赤十字社や、ユニセフ、東北各県・各市町の災害対策本部などに送金していましたが、
そのお金が何に使われているのか、
皆様に、ご報告出来ないでいるのが心の重荷になっていました。

基金を開設しよう・・そうすれば、皆様からお預かり した尊いお気持ち、尊いお金は、
何にいくら使ったか皆様にご報告出来る・・・

東北へ行って、チェロの音を響かせよう・・・
1人でも多くの被災者にお会いして、被災者の声をじかに吸い上げよう・・・

もっと有効なお金の使いみちも、あるかも知れない・・・


12月4日、大船渡・赤碕中学校の体育館でコンサートを行ったあと、
校長先生と、音楽の先生からお話を伺いました。

音楽の先生は、菊池 寛先生。
以前はホルン奏者で、札幌交響楽団のオーディションを受けられましたが、
惜しくも不合格になった方です。

赤崎中学校では、37名の生徒が津波でリコーダーを流されてしまい、
いまだにリコーダーを使った音楽の授業が出来ないでいる・・・

琴の数が著しく不足していて、和楽器を使った音楽の授業に支障が・・・

この話を伺い、僕は遅れに遅れている基金の開設が実現したら、全員にリコーダーを・・・
そして、現在持っている基金の額が許す範囲で琴を・・そんな思いでいました。

そして昨夜・・リコーダー37本と、琴5台を、
赤崎中の生徒に贈ることを菊池先生に約束しました。

つづく。

【東日本大震災支援 じいたん子ども基金 代表 土田英順】

【北洋銀行 札幌 西 支店 普通預金 5161660】

ご支援を、よろしくお願い申し上げます。

PS・・東日本大震災チャリティ・コンサート・・・
今後のスケジュールは、12月10日に投稿したブログでお知らせしています。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/19656

プロフィール

プロフィール

土田英順
つちだ・えいじゅん。日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任し、ボストン響およびボストン・ポップス響でも演奏。現在はソリストとして札幌を拠点に活躍するかたわら、2007年には役者デビュー。国内のみならず「春の夜想曲~菖蒲池の団欒~」では海外公演も果たす。73歳にして初めてパソコンを購入し、ブログの新世界で弓を引く。

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック